仕事60「クリーンサービス」編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




■ 60以上の仕事を経験した僕。

すごいでしょ?!

・・・と、自慢しても、単なる腰の落ち着かないヤツ・・・で終るのが世間。

でも、いいのだ!

きっと、何かの役に立っているのだから。

きっと、これから何かの役に立つのだから。

なにより、人生充実してる。

これだけ、腰が落ち着かなかったら、これはもはや長所。

環境適応力が優れているという事ではないか!?

・・・と、勝手に想っている今日この頃。

僕の経験した仕事を感想を含めて1つずつご紹介。

仕事内容と感想を綴るだけの大して面白くない記事ですので、お暇な時にどうぞ。

■ 大学卒業までに経験した仕事 (23/24)

クリーンサービス

季節は冬でした。

朝4:20に起床して支度をして、近所の長崎屋デパートへ向かいます。

5:00には到着して掃除の準備に取り掛かり、掃除を開始。

8:00までに受け持ちのフロア・階段の掃除をします。

僕が受け持ったのは、B1フロア全部と2Fフロア全部です。

だーれもいない、フロアをモップで水ぶきします。

昔ながらのモップを水にぬらしてフロアをゴシゴシと拭き、モップが汚れたら

バケツに汲んだ水でジャブジャブと濯いで手で絞ります。

モップを浸けるバケツは大きなオイル缶です。

そこに水をたくさん入れて、小さい台車みたいなものに乗せて引っぱります。

掃除の歩みを進めるごとに、その水を入れたオイル缶を一緒に移動させながら

モップが汚れれば、濯いでモップを手で絞る。

水が汚れたら取り替えます。

・・・この繰り返しで、受け持った個所を掃除します。

そういえば、アルバイトって冬が多いなぁ・・・。

学生だから長期休みに働くわけで、夏か冬になっちゃうのは仕方がないですね。

それにしても、掃除の水、冷たかったなー。

時給、780円位だったかと思います。

冬休み終がわっても、しばらく仕事をさせてもらいました。

ところで、スーパーは誘惑だらけ。

だって、お菓子がたっくさんあるんだもん~♫

・・・と、かわいく言ってもダメ!

はい、ご察しの通り、レジに通っていないものを、食道に通しました。

ごめんなさい。

早朝から、6:00くらいには体も温まり、ちょうど腹が減ります。

そんなころ、だいたい、お菓子コーナーあたりの掃除になりました。

チョコやクッキーがズラーっと並んでいました。

誰もいない。(当然監視カメラはありますよ~)

葛藤。

葛藤。

パクッ!

本当に・・・ごめんなさい。

このお仕事のとき、POPというものに出会いました。

たまたま受け持ったフロアにPOP室という部屋があり、その掃除のときにプライ

スカードなどが太いマジックできれいに描かれているPOPを目にしたのが出会い

でした。

とても見やすくカラフルな文字が躍った画用紙をみて、心惹かれました。

大学卒業後、POPの通信講座を終了して、民間の資格?はもらいましたが・・・

時はすでに一家に一台!パソコンが絶好調の時期でした。

そうしたPOP文字もパソコンで編集できる時代になっていて、POP職人の需要が

減っていました。結局、POPの仕事は一つもしませんでした。

それでも、当時は、「POP」という仕事があることに対して、世の中って、いろ

んな仕事があるものだなぁ!と感心したものです。

学校の授業が忙しくなるにつれ、このお仕事を辞めることになりましたが、当時の

僕の上司・・・といっても、70歳くらいのおばあちゃんですが・・・

そのおばあちゃんから教えてもらった、掃除の”コツ(段取り)”みたいなものは、

今でも身にしみていて・・・本当にありがたく、感謝しています。

・・・オノマトペ。