風邪を引いてみて、女性の持つ強さの思考回路をうっすらと理解した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




先日、風邪をひいて思い出したこと。

それは、健康に関する数値のことです。

男性と数字

多くの男性は、日々、数字からプレッシャーを受けています。

会社では、顧客をデータ分析して、いかに多くの費用対効果を得るのかだとか、

自分の営業成績だとか、家庭では家に入れる生活費、家賃など・・・

それらを細かく上げだしたら、もっとたくさんあります。

特に

特に、お金に関する数字のプレッシャーがあちこちにあります。

そうした生活を長く続けているので、男性は数字への信頼度を高く持ちます。

データ化された数字への信頼度といった方が良いかもしません。

とにかくデータを信じやすい体質になっています。

数字の影響力 男女差

健康診断の結果は、多くの数字で自分の体を表現してくれます。

血液の値、コレステロール値・・いろいろな数字があります。

それら数字を経験と統計の中から、医師は推測される病気などをアドバイスします。

女性の数字の捉え方

女性というのは、そうした数字を見ても・・・対してショックを受けないそうです。

「え?悪いの?でも死ぬわけじゃないんでしょ?」

そのくらいにしか、健康診断の結果を見ていません。

手術が必要でも、

「取ればいいんでしょ?」

といった感じで、その後の生活を明るくとらえられるようです。

男性の数字の捉え方

ところが男性は、悪い数字(数値)をみると・・・

こういう病気は統計的に生存確率が〇%だから、僕の場合は・・・大丈夫かな?

と、数字を全面的に信用したうえで、統計上のデータをネットで探し・・・

さらに落ち込む。

そして、より具合を悪くしてしまう。

・・・と、男女の数字の捉え方の違いを聞いたことがあります。

女性には、数字(数値)を絶望のようにとらえないたくましさがあるようです。

だから、女性は男性に比べ、平均寿命が長いのでしょうか。

そういえば、起業を失敗して自殺する社長さんも世の中にはいますが、その中に

女性の社長さんが自殺したケースはほとんどないそうです。

生きるという事が大前提となっている生き物なのですね、きっと。

責任を取って死ぬというような考えは、女性からすれば馬鹿げた話なのかもしれません。

数字は数字

どこかあっけらかんとして、数字を信頼していないところが、女性特有の直感を発達

させているのかもしれませんが、男性もそうした部分を見習うべきだと思いました。

僕も、今回風邪をひいたときは、体温を測ることをしませんでした。

というか、熱があると感じているときに測らなかったのですが、結果的に良かったです。

だって、熱があると思っているときに熱を測れば、そりゃぁ、熱があるわけですよ。

そして、予想を超える熱だったりすると・・・え?!こんなに熱があったの?

休まなきゃ!!となり、どんどん心配になっていったはずです。

悪い状態で悪いことの確認をすれば、男性はどんどん悪くなる

「体温計壊れているんじゃないの?」

と、たくましい発想ができれば別ですが、何せ男性は、数字への信頼度は高いですから、

なかなかそうはいきません。

だから、測らない。

結果、早く治りました。

熱が出て、熱が引き、喉の痛みもだいぶなくなるまで3日です。

僕の場合、大体、1週間くらい喉の痛みが続いてしまうので、熱を測らないという方法は

正解だったのかもしれません。

見習うべきは女性の肝っ玉

開き直っているようにしか見えない態度。

身勝手にしか見えない態度。

そうした、男性から見て、女性の勝手に見える態度も、実は男性も身に付けた方が良い

態度なのかもしれません。身体があっての人生なのだから、自分自身を強く持たなければ!

そうした、知恵が、女性のああいう態度には含まれているのかもしれません。

強いと感じる女性の部分は、男性もどんどん取り入れるべきですね!

・・・・オノマトペ。