スマホいじって話を聞くという態度は変じゃないという世代なのかなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




なんか、どこのチャンネルでも「相撲」の事。

いい加減どうでもいいのだけれど・・・日本は平和だなぁ。

とはいえ、最近のニュースで相撲の暴力沙汰が解明されつつある。

それが僕のアンテナを刺激した。

先輩の話を聞いているときにスマホが鳴ったって出ちゃいかんだろ!

まぁ、暴力でしか説教できないのもどうかと思うけれど・・・

自分にとって重要な話では無かったり、興味のない話だったりしても

相手は真剣に話をしているわけだから、人の話を聴くという態度を

とれないことが、そもそもの原因だと思うよ。

もし、興味がなかったら、スマホなんか見てないで、ハッキリといえば

それでいいことじゃないかな。

「ごめんなさい、僕は興味ないので!」とか「ごめんなさい、僕は違う

と思います。」とかね・・・。

そうやってハッキリ言えば済むこと。

それで相手が怒ったら、相手の方が悪いでしょ?

結構、最近、僕も同じようなことをされることがある。

同じ相手に何度となく、僕が話している最中にスマホをいじられている。

きっと悪気はないのだと思う。そういう世代の人間なのだ。

”スマホをいじっていても、ちゃんと聞いています!”

というのが、彼らの言い分だと思う。

聴くということは、耳だけではなく態度でも聴くということを教えられた

世代には、理解しがたいことだけれど、スマホいじっていてもちゃんと

聴いているのであれば問題ないじゃないか。

ただ、そういう態度で聴いていて、聴き返して来たら激怒するけどね(笑)。

今度、僕も同じことを仕返ししてみようと思う。

どう感じるのかな? 少し楽しみ。

・・・・オノマトペ。