仕事60「モデル」編

スポンサーリンク




■ 60以上の仕事を経験した僕。

すごいでしょ?!

・・・と、自慢しても、単なる腰の落ち着かないヤツ・・・で終るのが世間。

でも、いいのだ!

きっと、何かの役に立っているのだから。

きっと、これから何かの役に立つのだから。

なにより、人生充実してる。

これだけ、腰が落ち着かなかったら、これはもはや長所。

環境適応力が優れているという事ではないか!?

・・・と、勝手に想っている今日この頃。

僕の経験した仕事を感想を含めて1つずつご紹介。

仕事内容と感想を綴るだけの大して面白くない記事ですので、お暇な時にどうぞ。

■ 個人事業主として受けた(受けている)仕事 (1/6)

モデル

なんか、成り行きで男性モデルとして、モデル事務所に所属していた時期がありました。

あの、江角マキコさんを輩出した、プレステージに所属していました。

しっかり、モデル事務所のカタログに掲載されています。

この宣材写真は代々木公園で撮影しました。

後にも先にも、これが一度きり!

オーディションも受けたことあるんですよ~。

オーディションには多くのモデルさんたちが集まってきます。

僕の受けたオーディションは「DAIDO(大同生命)」。

うまくいけば・・・

たぶん、画面上では、本上まなみさんと共演できたはずでした。

共演できたとしても、複数採用されたモデルの一人としてでしたが・・・。

カメラテストでは、審査員の前で

「Do!ダイドー!」

と大きな声で、自分らしく自由に叫ぶ。

何度かそれを繰り返した後、質問が・・・

審査員 「もし、採用の場合、お髭は剃れますか?」

僕 「はい!剃ります!」

今まで、この髭のせいで上司と喧嘩となり、その喧嘩がもとで、会社を辞めたこともある

この髭・・・。(※ 当時、髭のサラリーマンは、社内外で悪いイメージがありました。それ

でも髭を剃らずにいた僕は、髭サラリーマンの先駆者ですよ~。)

そうまでして、剃らなかった髭をあっさりと・・・「剃ります!」なんて。

まぁ、採用されるわけないと思っていたし、最初から、この話が”酒の肴”になればいいや!

くらいにしか思っていなかったから、「剃ります!」と答えたのだけれど・・・。

でも、まぁ・・・ 実際、不採用となると、少しはがっかりするものでして・・・。

”酒の肴”のつもりが、モデルとして採用されたいという意欲まで湧いてきます。

意欲が湧いたついでに、モデル事務所の社長に聞いてみました。

「モデルのみんなは、表情の練習をしているの?」

今から思えば、愚問なのですが・・・

「どのモデルさんも、自分の笑顔やどの角度が一番かわいく見えるのかなど、自分を客観的

に研究していますよ。」

という答えが返ってきました。

どうしたら、カッコ良く、または可愛く見えるのか?

どこからの角度が、どういう表情でカメラに映るのか?

自宅で鏡を見ながらの練習を怠らないそうです。

僕は、ここのモデル事務所の社長から、半分ギャグ程度で誘われたので、そんな練習をする

わけもなく・・・ ただ、がむしゃらに、ボディービルダーの格好を真似て

「Do!ダイドー!」

と叫び続けていました(笑)。

ボディビルダーのポーズは、体の前で手の甲を合わせて胸筋をアピールするベタなやつ。

このポーズは以前勤めていた会社の上司のギャグ。

僕の中にはまったくオリジナリティはありませんでした。

こんな態度でオーディションに臨んでも、採用されるはずがありません。

なにより、他のモデルたちにに失礼です!

オーディション会場に送り迎えをしてくれた社長にも失礼です。

しかし、当時の僕はそうした事は一切感じることができなかった・・・。

同時の僕は、そうした舞台裏を見れた事だけで、大満足なのでした。

・・・・オノマトペ。

(Visited 34 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする