たった100円でシルバーアクセサリーや銀製品の黒ずみをとってピカピカにする実験。

スポンサーリンク




シルバーアクセサリー、銀製品の黒ずみをとる。

昔、服飾デザイナーからいただいた「マネークリップ」。

本来はいぶし銀加工で鈍く光るオシャレなクリップでした。

いつの間にやら、汚れが付着し、銀も汚れ、輝きも無くなってしまった。

 

どうしたものかとネットを検索すると、簡単に輝きを取り戻す方法を見つけました。

いぶし銀加工の場合、その加工自体もキレイにしてしまうと注意書きがあったけれど、汚れ

なのか、いぶし加工なのか分からない状態よりも、銀が銀らしく光った方がきっと良いはず

だと思い、この際、きれいにしちゃおうと思います。

シルバーアクセサリー 銀製品をピカピカにする

準備するもの

・ アイスのカップ(食べ終わったカップですが、熱湯に耐えることができました)

・ アルミホイル

・ 重曹(100円均一で購入)

・ アクセサリー

黒ずみを取る方法

1.アルミホイルをいったんクシャクシャにしてから、アイスのカップの中に敷きます。

2.1.に沸騰したお湯をアクセサリーが浸るくらいまで注ぎます。

3.大さじ1杯分の「重曹」を入れます。(シュワー!となるので注意です)

4.アクセサリーを入れます。

5.お湯がぬるくなるまで、5~10分ほど浸けておきます。

アクセサリーを取り出すと濁っています。

取り出したアクセサリーは水で洗い、お皿洗いのスポンジか激落ちくんで軽くこすります。

 

超キレイ!

いぶし銀の加工は確かに落ちましたが、前のような汚いモノよりずっとマシ!

これが、

これだよ!

注意すること

いぶし銀の加工は、ほとんどなくなります。

表面にパーツなどが接着してあるアクセサリーやプリントが施してあるもの、異素材との組

合せがあるアクセサリーは、破損の恐れがありますのでご注意ください。

豆知識 なぜ綺麗になるの

銀と化学反応をした硫黄がアルミと結合し、元の銀に戻る・・・のだとか。

重曹にはこの化学反応を助ける役割があるそうです。

まとめてアクセサリーを綺麗にするのに便利です!

(Visited 74 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする