モチベーションガタ落ち。たった1日で体重が2kgも増えた。その理由に迫りました。そして、安心しました。

スポンサーリンク




1日で体重が激増!

僕は、朝、体重を測ります。

昨日はあまり食べていないから、体重、測るの楽しみ!

ピ、ピッ!

・・・・orz。

なんで、なんで?!

1日で2kgも太っている!!?

体重計の場所を変えても、ダメ・・・。

1日で体重が増える原因

ストレスとか病気とかの問題もあるという事ですが、いたって普通に食べて寝ている僕にと

っては、そういう問題とは無関係です。

では、なぜ?

その原因は「水分」です。

太ったわけではありません。太る事は「脂肪」が付くことです。「脂肪」は1日で2kgも付

きません。今回の場合、太ったのではなく、体重が増えたという事です。

塩辛いものを(塩分)を多くとった時に、そういう事がおきるようです。

そういえば、昨日、素焼きのアーモンドと間違えて買った、塩味のアーモンドをドカ食いし

たっけ・・・、それが、何で原因になるの?

人間の体には血液中の塩分濃度を一定に保つように調整する機能があります。

塩分の主成分であるナトリウムは水分と結びつきやすい性質があります。

普段よりも塩分の高い食事をした翌日は水分をいつもよりもたくさん含んだ状態(むくんだ

状態)になってしまいます。そうでないと、血液中の塩分濃度を一定に保てないからです。

でたらめな数字と表現ですが、もっと分かりやすく説明するならば・・・

身体に10リットルの水分があるとして、そのうち10%の塩分が適正量だとします。

もし、塩分をたくさん摂取して、水分に溶け込んだ塩分が20%となった場合、適正量の10%

に塩分を調整するためには、水分が20リットル必要となります。ということは、追加で10リ

ットルの水分を身体が貯め込むので、その分、体重が増えるという事です。

まぁ、とにかく、塩分を中和するために身体は水分を確保しちゃうわけです。

対処方法 その1 水分の摂取

少し不思議かもしれませんが、出来るだけ早く元の体重に戻すためには、お水をたくさん飲

むことです。脂肪が増えたわけではないけれど、今は、金剛筋シャツ着て気合が入っている

ところなので、モチベーションを下げたくありません。

お茶とか珈琲ではなく、普通のお水が良いそうですので、たくさん飲もうと思います。

これにより、体内の塩分濃度を戻していきます。

そして、余分な水分を排泄することによって、徐々に体内の水分量も元に戻っていきます。

塩分過多な食事をした翌日は、逆にお水をたくさん飲むことで、むくみの解消ができます。

むくみって、どんだけなんだよ!

そう思いつつ、水を飲んでいます。

飲み方

一気に大量のお水を飲むのではなく、少量を頻度多く飲んだ方が効果的とのこと。

上限は4〜5リットルに設定。

お腹の調子が悪くなったりした場合は、すぐに元の摂取量に戻すことを念頭に置き、こまめ

に水分を摂取します。

対処方法 その2 どんどん汗をかく

サウナや有酸素運動でガンガン汗をかくのも良いとのことです。

僕は、ウォーキングをして汗をかこうと思います。

注意点として”お水をたくさん飲んでいる状態で行う”ことです。

また、”高血圧の人”は無理をしないようにしてください。

人によっては塩分に影響を受けやすい食塩感受性高血圧という人がいるそうですが、このタ

イプの人は、サウナで汗をかくというよりは、無理せず、ゆっくり半身浴などで汗をかくの

が良い方法です。

そうでない人は、水をたくさん飲んで、汗をたくさん出すことで、体に貯った余分な水分

を排出することができます。

対処方法 その3 汁ものを飲まない

塩分が汗や尿から排出されて体重が戻るまで、2日から長いと1週間ほどかかります。

1日で体重が2kgも増加してしまった場合、おそらく体はむくんでいます。

しばらくは塩分の多い食事を避けます。

特に注意したいのは”汁物”です。

  • 味噌汁
  • ラーメンのスープ
  • そば・うどんのつゆ

などなど。どれも、僕が好きなものばかりですが、我慢です。

対処方法 その4 カリウムの摂取

カリウムには、ナトリウムを体外に排泄する働きもあります。

ナトリウムが外に出れば、身体の塩分濃度を一定に保つために、余分な水分を貯めこまなく

てすみます。

ナトリウムとカリウムの理想的な比率は、「1:1」なので、むくみや血圧が気になったら

カリウムの摂取に気を付けてみてはいかがでしょうか。

カリウムが多く含まれる食品でおすすめなのは・・・

  • アボカド
  • りんご
  • トマト
  • マグロ
  • カツオ
  • 枝豆

などです。

カリウムはバナナやグレープフルーツなどフルーツ類に多く含まれます。

しかし、糖質量も多いので注意が必要です。

効果を感じる量は人それぞれです。

目安は”いつもの料理に1品加える”ぐらいの感覚でいいと思います。

サプリという方法も有りますので、参考までに。

1日で体重が激増!のまとめ

1日で2kgも体重が増えてしまった場合、それは、絶対に脂肪ではないから安心すること!

増えたのは脂肪ではなく、ほとんどが水分です。

身体に貯まった水分量を元に戻すためには、以下の事が大切です。

積極的に

  • 水を飲む
  • 汗をかく
  • 汁物を控える
  • カリウムを摂取する

この4つの対処法を行うことです。

早く、元の体重に戻してしまいましょう!

(Visited 13 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする