【多肉植物】育て方も分からず取り掛かる箱庭作り。No.4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




2019/12/11に土に多肉植物を植えました。今日で25日目です。

年末の天気の良い時に太陽の日差しを当て、夜に水やりをすると、心なしか元気になったような気がしたので、1週間に1回のペースとハイペースですが水をあげてみました。

水をやってから日光を当てたり、日光を当てた後による水をあげたり・・・試行錯誤。

No.3では空中で育てようと試みましたが、それはやめました。

そうこうしているうちに、元気にまっすぐ伸びようとしている多肉植物とそうでないものが目で見て区別がつくくらいハッキリと状態がわかるようになりました。

そこで、元気なものは植え替えを行ってみました。

多肉植物の植え替え

少ししか根が出ていないものはそのまま、かなり根が伸びて土をたくさん根に絡めているものは、少し土を落としてから植え替えを行ってみました。

私に狭いスペースに密集させて植える技術もないまま、植え替えを敢行します。

まず、カップに土を入れ、そこに強引にスプーンで穴を掘り、その穴にやさしく多肉植物を押し込むように埋めて、周りに土を回し入れました。

周りに土を入れる際は、多肉植物が自立して立っていられるように植えてみました。

いろいろネットで検索してもそれぞれのやり方があるようで、これが正解というものは見つけられませんでした。きっと、失敗したり成功したりといった繰り返しで、自分の経験値を高めていくしかなさそうです。

ようやく植え替えが終わりました。

多肉植物とこの先のビジョン

多肉植物は小物ととても相性が良いというのが実感です。

こんな車やジオラマの小物と組み合わせたら、情景がリアルになって良いのではないかと思います。多肉植物をジオラマの一部として使えたら良いなと思います。

上の写真の赤いトラクターも多肉植物と一緒にあるだけで雰囲気がアップします。

そんな世界観を作るために多肉植物を育てて増やしていこうと考えて始めたことです。もちろん、多肉植物はメルカリで売れているようなので、増えた分は売りたいと考えています。売ったお金でジオラマのパーツを買うという流れができれば、趣味にお金はほとんどかかりません。

そんな邪(よこしま)な心もありますが、始めて見ると癒されます。

コツをつかむまでは大変かもしれませんが、今のところどっぷりハマっています。