2015年2月 藤沢・鎌倉散策

 

出発当日。(2/11)

朝9:00に家を出ようと支度をしているさなか

7:50頃、突然のギックリ腰!!

「痛っー!」

と床に倒れ込み、動くことができなくなってしまった。

隣の部屋からは、”きょうのわんこ” が終わり、”占い” が・・・

 

「おうし座のあなたは、超ピンチを軽がるクリアできる日!」

テレビから音声だけが耳に入ってくる。

この時ほど占いをあてにしたことはない。

 

そうか、これが超ピンチか・・・。 クリアできるのか?!

 

確かに、腰の中心より痛みが少しずれているので、動けないほどではない。

少しずつ、態勢を起こし、いいあんばいの状態を探ってみる。

なんとか歩けそうだ!(占い通り、軽がるクリアなのか?)

 

こんな状況で、支度を終え、藤沢~鎌倉の散策に出発しました。

東海道線に乗ると手動で開閉できるボタンが・・・。

外にも開けるボタンがありました。

寒いのでこういう気配りは嬉しいです。

DSC04432

約45分で藤沢駅に到着。

DSC04443

 

駅から富士山が見えました。

もやっとしていましたが迫力がありました。

この日は天気にも恵まれマフラーも要らないくらいでした。

さて、お目当ての「魚や翻車魚丸(まんぼうまる)」を目指します。

DSC04444

 

祝日でしたので行列も長く、すぐにお店を発見できました。

DSC04453

 

日陰に15分ほど待つという行為は、マフラーが要らないといえど

寒さが骨身にしみこんできます。

ようやく列が動き始め、玄関に到着!

お座敷に通されたので、靴を玄関で脱ぎ下駄箱に・・・

ギックリ腰にはつらい姿勢ですが、何とかお座敷へ。

DSC04446

 

大宴会場みたいな雰囲気が良いです。

お茶や箸はセルフサービスです。

メニューはこちら。

DSC04448

 

2品選んでお好みランチにしました。

・ 刺身盛と広島のカキフライ(1,000円)

・ 刺身盛と天然ブリカマ焼(1,000円)

をチョイス!ご飯はお代わりできました。(お味噌汁も出来ると思います)

 

じゃじゃーん!

DSC04449 DSC04452 DSC04451 DSC04450

 

お刺身のネタは厚くて食べ応え十分。

でも、なんだろう・・・

すげーうまい!という感じではなかった。

カキフライも同様・・・ 少し残念。

天然ブリカマ焼は美味しかった!

いままで食べたことがなかったので、食べれて良かった。

とはいえ、これだけのボリュームで1人1,000円ならいいよね~。

 

ただね、祝日ということもあり、お子様連れが多く・・・

はしゃぐ子、泣き出す子、大声や泣き声が飛び交う。

注意されても言う事を聞かない子・・・

親も注意するどころかスマホでゲーム。

すごく残念でした。

 

おなかが膨れたので、いよいよ藤沢の散策開始です!

まず、ホテルに荷物を預けて身軽になります。

今回1泊、お世話になるのは「8(eight)ホテル」です。

宿泊客の出入りからすると人気のあるホテルだと思います。

小さいけれど、ステキなホテルです。

DSC04456

チェックインはできなかったので荷物をロビーに預けて駅に戻ります。

小田急江ノ島線で片瀬江ノ島駅を目指します。

DSC04457

暖かい日差しが膝まで延びて暖かい。

ウトウトしそうになりながらも目的地に到着です。

DSC04458

 

改札を出て振り向くと・・・

駅はこんな感じで、インパクト大!

DSC04470 DSC04466

 

空を見上げるとトンビがたくさん!

ピー ヒョロロロ~ と鳴いています。

空は青く高いのですが、地平線、水平線付近はもやっとしていて

この日は富士山を見ることはできませんでした、残念。

さて、江ノ島に向かいます!

DSC04471

左の車道は渋滞しています。

ドライブも楽しそうですね~。

遠くに江ノ島が見えています。

海の風と暖かい日差しを感じながらゆっくり歩いて行きます。

そして、橋を渡ると賑わっています!!

DSC04475

 

さて、鳥居をくぐったら、お饅頭屋さんを目指します。

「紀の国屋本店」見つけました!

DSC04479 DSC04482

蒸したてをすぐにいただきます。

茶色は皮が黒糖で中はつぶあん。

白いのはこしあんで酒饅頭。

女夫(めおと)まんじゅうというそうです。

ペロっと胃袋に入っていきました。

どちらも ”あんこ” がしつこくなく美味しかった。

 

次は、名物の「たこせんべい」屋さん。

DSC04484

行列ができていてお店の中まで列が伸びています。

グループの場合、代表の1人がお店の中まで行き、並びます。

ここのおせんべいは券売機で券を買い、それを焼く人に渡します。

券を渡すとコレが渡されます。

DSC04485

エビ(600円/1枚)、タコ(350円/1枚)、クラゲ(350円/1枚)の3種類があります。

どれも1匹まるまる、おせんべい用の液体生地と一緒にプレス機に

入れてプレスします。

僕は「タコ」を注文しました。

DSC04483

 

ピキューン!とプレスされる音と一緒に1枚1分程度で焼きあがります。

タコが特にピキューンの音が大きいような・・・。

少し残酷な音です。

で・・・

焼きあがったのがコレ!

DSC04487

 

でかい!

風が強いと割れてしまいそうです。

手渡されるときも 「両手で持ってくださいね」 といって渡されます。

生地はほんのり甘く、すこしピリリと辛いです。

・・・タコ??

あまり、タコの味はしないような。

まぁ、名物ですので、一応買ったという事実残しです(笑)。

祝日だから・・・?

並び始めてから30分近くかかりました。

 

さぁて、ここからが本当の江ノ島散策です。

DSC04493

階段がしんどそうなので、鳥居を前に見て左に行きます。

するとエスカレーターの券売機があります。

そこで券を買います。

展望灯台セット券(750円)です。

DSC04496 DSC04497

楽ちーーーん!

DSC04498

3回?

エスカレーターを乗り継ぐのですが、その場所場所で

こうしたステキな風景が広がります。

DSC04500

 

頂上に行くと神社があり、いろいろ見て回ります。

DSC04507

 

水を汲んで手前の穴に流しいれると綺麗な音がします。

龍って、カッコイイですね。

おもわずパシャリ!

で、折角なので、目指すは、「江ノ島シーキャンドル」。

DSC04556

DSC04508

近づくとワクワクします。

ヤシの木と一緒だと絵になります。

DSC04522

通り道には2月だというのに春っぽくチューリップが咲き乱れています。

DSC04538

 

シーキャンドル展望台からはこんな景色が広がっていました。

風が強く、少し肌寒く、早々に展望台からおりてきました。

DSC04527

 

資料館では、当時の灯台に設置されていた装置と

昔の灯台の模型がありました。

DSC04535

DSC04537

ここも話題のスポット。

天女と五頭龍伝説にちなんで立てられた「龍恋の鐘」。

折角なので鐘を鳴らします。

・・・ちょっと恥ずかしい。

DSC04543

 

そして、どんどん下っていきます。

DSC04539

 

海が近くなってきます。

歩きながら・・・

これを下った分だけ、また上ってくるのは嫌だなぁ・・・

と、先のことを考えながら歩いていました。

DSC04544

 

海がすぐそこまで!

やっぱり、海はいいですね!

さて、満喫したところで、どうやって帰るかを考えていたら、

船乗り場があるんですね!

やった~!

DSC04552

 

これに乗ると、江ノ島弁天橋まで一気に戻れちゃう。

乗船時間は10分程度。

船の中から見えるシーキャンドルもいいです。

DSC04556

 

さて、船を下りたら、今度は江ノ電で帰ります。

途中、懐かしい「射的・スマートボール」屋さんに寄りました。

DSC04560

 

ついつい夢中になり、軽く1,000円は使ってしまいました。

DSC04558 DSC04559

 

江ノ島駅から藤沢を目指します。

江ノ電はいちいち可愛い。

DSC04561 DSC04563 DSC04564

 

 

日も陰り、時間も遅くなってしまったけれど・・・・

この辺では有名らしいパン屋さんへ。

DSC04567

ほとんど売り切れ。

当然といえば当然。

そして、午前中に荷物を預けてた「8(eight)ホテル」に戻ります。

ブランディング?

とにかく、ロゴマークをありとあらゆるところに配置して

統一感のあるホテルでした。

泊まった部屋はこんな感じです。

DSC04569

DSC04571

DSC04570

DSC04568

 

狭いけれど清潔感がありました。

ただ、壁は薄かったと思います。

7階の角部屋でしたが、よくわからない機械音がうるさく・・・

夜中に2度、目が覚めました。

お風呂のお湯を入れる音はかなり響きます。

それでも前日の疲れは取れ、このホテルの朝食に向かいます。

和食もあったのですが・・・

パンケーキを選びました。

コーヒーやオレンジジュースなどはお代わり自由でした。

DSC04583

 

手前にあるクリームチーズに胡桃を入れたようなものが

美味しかったのですが、パンケーキよりベーグルにピッタリかと。

朝食後、身支度をして、いざ鎌倉へ!

ホテルのロビーでは若い女性グループの宿泊客を多く見かけました。

安いし、お部屋も可愛いし、駅にも近くリーズナブル。

人気なのかもしれません。

 

鎌倉へは江ノ島電鉄でゴトゴトとゆっくり・・・。

DSC04591

途中、由比ガ浜で下車。

そこから歩いて鎌倉を散策します。

DSC04597

 

旧諸戸邸を外から見学。

DSC04599

 

閑静な住宅街に存在感たっぷり。

和でも無い洋でも無い雰囲気が辺りに漂います。

その足で「鎌倉文学館」へ。

DSC04610 DSC04606

 

中も見学ができ、文豪の原稿などがたくさん展示してあります。

本をほとんど読まない僕ですが・・・

展示の原稿を見ていると、一文字一文字を綴っている時間の

重みと流れを感じ取れます。

特に、恋に関しての文章は今も昔も同じ悩み。

ただ、その気持ちの表現が、さすが文豪!という表現です。

少し賢くなったような気持ちで、ここを後にします。

 

小腹が空いたので、「雲母(KIRARA)」であんみつを食べに行きます。

ずっと歩きっぱなしです。

甘いものを補給!

ここは行列覚悟ですが、平日ということもあり、あっさりお店に入れました。

DSC04616

“抹茶クリームあんみつ”と”白玉あんみつ”。

どちらも白玉が超でかい!

もう、お餅です。

抹茶には抹茶の黒みつ。

白玉には普通の黒みつ。

DSC04621 DSC04622 DSC04624

あんこは、こしあん。

すーーーーっと、甘さが溶け出して、スッキリと口の中で消えます。

黒みつと白玉、黒みつとあんこと白玉。

いろいろ口の中でのバリエーションを楽しめます。

とにかく、お腹いっぱいになります!

 

少しお腹を減らそうということで、散策開始です。

ここから近くにある「銭洗弁財天」に行って見ます。

DSC04630

DSC04629

DSC04628

 

境内には外国の方も多く、千社札やお金を洗っているところなどを

写真に撮っていました。

不思議に見えるのでしょうね。

僕も、昨日、江ノ島で洗ったお金をここでも洗いました。

神様、浮気してごめんなさい。

その後も鎌倉の切り通しや佐助稲荷神社を散策。

DSC04633

DSC04634

ここで、少しお腹がこなれてきました。

せっかくだから、評価の高いピザ屋さんに行こうということで

「Pizzaria GG」へ向かいます。

DSC04635

 

すでにお客様でいっぱい。

さすが有名店!

マルゲリータとビスマルクを注文。

生地は薄めですが、食べ応えがあります。

DSC04636 DSC04637

ビスマルクには半熟の卵が目玉焼きとなって乗っています。

個人的にはどちらも美味しかったけれど、チーズを感じる

マルゲリータがよいかなぁ。

結局、持ち帰りも意識していたけれど、ぜーんぶお腹の中へ。

美味しかった!

デザートも付いてる。

DSC04639

お口直しも済んだので、散策再開。

ここ、老舗かも?

お赤飯だけでやっていけてるんだから!

と、嗅覚が働き、お赤飯を購入。

DSC04643

 

後で調べると、ビンゴ!

評価の高いお店でした。

お赤飯も美味しかったです。

(まぁ、あまり、まずいというのも無いのですが。)

 

さて、次はパン屋さんです!

「KIBIYAベーカリー」

DSC04644

 

愛想、悪し。

そんなよく無い波長が、味も悪くする。

・・・ 忘れよう。

 

次は、わらびもち。

「こ寿々(こすず)」。

気をつけないと、黄な粉を吸い込んでむせちゃうんですよね。

味見がおいしい!

赤飯同様、お土産に買って帰りました。

 

 

DSC04645

 

 

少し歩くと「鶴岡八幡宮」。

DSC04646

ここにつながるメインストリートは工事のため見た目がよくない。

少し残念です。けれど、わらびもち、ひよこなど・・・

そういえば、ひよこの落雁も買ったんだっけ。

とにかく目を引くお店が何件もあって、楽しいです。

 

さぁ、そろそろ散策も終わりに近づいてきました。

次は、クレープです!!

「コクリコ」のクレープ。

DSC04652

 

レモンシュガーのクレープをテイクアウト。

初めて!レモン?

これが、なかなか美味しかったです。

DSC04655

 

さーて、歩いて食べて、食べて歩いての2日間。

帰りはJRで鎌倉駅から帰ります。

DSC04658 DSC04659 DSC04661

 

電車に乗ったら、すぐに寝てしまいました。

そして地元に到着。

自宅ではお土産の赤飯などを食べてこの散策を締めくくり~。

いやー、楽しい2日間でした。
<お知らせ>

旅行が好きで、ちょこちょこと出かけています。

カレーと旅行ではブログの内容がごちゃ混ぜとなると思い、新しく旅行をまとめた

ブログを開設しました。「チープでディープな満足旅行。」といサイトです。

よろしければ、そちらもご覧くださいますようお願いいたします。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。