仕事60「スキー旅館の配膳係」編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




■ 60以上の仕事を経験した僕。

すごいでしょ?!

・・・と、自慢しても、単なる腰の落ち着かないヤツ・・・で終るのが世間。

でも、いいのだ!

きっと、何かの役に立っているのだから。

きっと、これから何かの役に立つのだから。

なにより、人生充実してる。

これだけ、腰が落ち着かなかったら、これはもはや長所。

環境適応力が優れているという事ではないか!?

・・・と、勝手に想っている今日この頃。

僕の経験した仕事を感想を含めて1つずつご紹介。

仕事内容と感想を綴るだけの大して面白くない記事ですので、お暇な時にどうぞ。

■ 大学卒業までに経験した仕事 (9/24)

スキー旅館の配膳係

中学か高校の時、近所の友達の親戚がスキー場で旅館をやっていて、

社会勉強を兼ねて、その旅館のお手伝いをさせてもらいました。

僕の仕事は配膳でした。

ここの旅館は結構大きい旅館で、大広間だと100名くらいの大宴会ができました。

お手伝いした期間は満員御礼で大賑わいでした。

この大広間にお膳を用意して料理を並べていくのが仕事です。

朝と夜の配膳ですが、圧倒的に夜の方が大変です!

仲居さんの邪魔にならないように、テキパキと料理をセッティングしてゆきます。

お膳、小鉢、メイン、小皿、杯、コップ、汁物、ご飯茶わん・・・などなど

次から次へと機械的にセットしていきます。

箸はこういう向きだとか、小鉢はここだとか・・・ いろいろ教えてもらいました。

スキー場から戻り、ひと風呂浴びたお客様は、夕食の時間に合わせて、どんどん

大広間に流れ込んできます。

会場は大声とタバコとお酒の匂いで充満していきます。

そうして、1時間ほどすると、チラホラ食事が終了し、大広間には人がいなくなります。

なんで、こんなに汚くなるのか?

というくらい・・・ あの整然としていた宴会場が別の空間になってしまいます。

そして、食べ残しや飲み残し、転がったビール瓶やとっくり・・・

それらすべてを回収して厨房にもっていきます。

黙々と片づけて、元通りの部屋にします。

当然、セッティングのときより時間がかかります。

配膳の仕事は、朝、夜。この繰り返しです。

友達と一緒に経験したお仕事でした。

そのこともあってか、もうひとつの修学旅行みたいで楽しかったです。

以上・・・オノマトペ。