YouTube用の動画は圧縮してからアップロードしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




私の場合、YouTube用の動画はスマホで撮影します。

スマホから直接アップロードも出来ますが、最近のスマホは画像が綺麗なので、動画の容量がとてつもなく大きいのが特徴です。

どれくらいの容量までアップロードできるのかと検索してみると

アップロードできるファイルの最大サイズは、128GB または 12時間のいずれか小さい方です。

と書かれていました。

たかだか10分ほどの動画でも1GBを超えてきます。

転送時間の問題もあるので、私の場合、動画をパソコンで圧縮してからアップロードしています。1/10の容量に圧縮しても、これといった劣化は認められないので、かなりお薦めです。

※ Windows10 (64bit)の環境で行っています。

動画圧縮のための準備

動画の準備

動画を劣化させずに圧縮させるために、まず、スマホの動画をパソコンにコピーします。

私の場合、スマホをパソコンにつなぐと写真や動画をインポートするかを尋ねられるので、インポートを実行した後、対象の動画をデスクトップにドラッグ&ドロップすることで、パソコンに動画をコピーすることが出来ます。

Free Video Compressor(無料ソフトウェア)

インストールの方法などはとても簡単ですが、詳細を説明しているサイトがございますので、以下のリンクから行ってください。

各種動画ファイルを、指定したサイズに近づけて再圧縮してくれるソフト「Free Video Compressor」。

動画圧縮

Free Video Compressorを起動すると以下のような画面が立ち上がります。

「開く」をクリックして、先ほどパソコンにコピーした動画を選択します。

次に「近似値」のプルダウンから(10%)を選択します。

選択したら「圧縮」ボタンをクリックします。

出力先を尋ねられるので、任意の場所を選んで「保存」をクリックします。

ビデオ圧縮を開始しますか?と訊かれるので「はい」を選ぶと圧縮が開始され、圧縮が終了すれば終了を知らせる画面が出るので「OK」で圧縮完了です。