2021年の目標と抱負

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




2021年の目標と抱負

思いつくままに2021年の目標や抱負をまとめたいと思います。

読書

1,000冊読了に向けて、1週間に1冊ペースで読むことができればよいかなと考えています。

背表紙のタイトルに惹かれ、本の価格に後押しされて購入するということをやめようと思います。

健全な本の選び方として、背表紙のタイトルに惹かれ、少し読んでみて気に入ったら購入するという流れを大切にしたいと思います。

あと、すでに読み終えた本の著者の本を読んでいくということもしてみたいと思います。

もし、途中で「これは無理だ…」と感じてしまった本は、無理せず、迷わず、読むことを中断しようと思います。中断して時間を空けて再度読み始めるのかどうかは、再開した時の私自身の感覚を大切にしたいと思います。

ブログ公開記事

公開しているブログの記事数を1,000記事にすること。

何年も前からの目標でしたが、今年はようやく達成できそうです。

アクセスの多い記事から得られることを勉強したり、ブログ内でのリンクなどを手直ししながら、まんべんなくお読みいただけるような工夫も、手の空いているときにコツコツと進められたらと思います。

変な癖

いつもの癖を1つ減らすことを意識したいと思います。

その癖とは…

外出するときは、いつも戸締りに時間がかかります。
ガスの元栓を占めたか、電気がついている部屋は無いか、余計なコンセントがささっていないか… そんな風に部屋をチェックしているそばから、あそこはチェックしたか? と、不安になり、戻って再確認…。

こんなだから、途中で話しかけられるとイライラしてしまいます。話しかけられると、チェックを少しさかのぼってすることになります。

窓の戸締りを確認するときは、扉をガタガタと揺らし、開かないかどうかをチェックします。
これが習慣化してくると、窓は3回ガタガタ、玄関は5回ガチャガチャ… といった具合に、回数までもが癖化してしまいます。

戸締りは良いことですが、もっと、サラッと正確にできるようにすることが今年の目標です。そのためには、いつもの癖の回数を減らすことから始めてみようと思います。

窓は2回、玄関は4回… という具合に、ガタガタ、ガチャガチャの回数を減らす。
そうやって回数を減らし、スマートなチェックができるようになりたいと考えています。

実は、忘れていましたが、ブログを見返すと昨年も同じ目標が書かれていました。
まったく達成できなかった昨年の目標を、今年は忘れることなく実践をしていきたいと思います。

足は足、手は手

これは私にとって少し大変な目標かもしれないと思っています。

当たり前のこと過ぎて情けないのですが、足は足、手は手でその時にふさわしい部位を使って立ち振る舞いをするということです。

  • ごみ箱にごみが入らなかったから、足でごみをつかんでごみ箱に入れる
  • スリッパや靴を足で揃える
  • 扉やドアを足で開ける
  • 置いたものを足で押して移動させる

足癖の悪い私ですが、手ですることは手でするようにしたいと思います。

玄関の靴をそろえるとき、両手に荷物を持っているときのドアの開け閉め… 結構、足でやっていることが多いようです。気を付けたいと思います。

散歩

普段から歩くようになったとはいえ、今まで時間を割いてまで行っていた「散歩」がまったくやらなくなってしまった。

血液をサラサラにしてもふくらはぎがその血液を上半身に送ってくれなければ意味がないことは理解していても、一度やめてしまった習慣をもとに戻すのは難しい。

けれども、何とか再習慣化に向けて一歩を踏み出したいと考えています。

朝の散歩は難しくても夕方の散歩はできそうだし、昼休みの散歩も可能なはずなので、時間割らしいものを作って、始めたいと思います。

たまねぎ

血液サラサラと健康のために毎日のように食べていた「たまねぎ」。

昨年は、意識して食べるというほどにはなっていませんでした。トマトは意識的に摂取していますが「たまねぎ」も今年は積極的に食べようと思います。

実際、私の体は「たまねぎ」を食べた翌日は調子が良いのです。

新玉ねぎだろうが、そうで無かろうが… スライスしてポン酢をかけて食べる!

これが一番です。

風邪をひかない

風邪かなと思ったら早めの対処をして熱や咳といったステージにまで進めない。

一昨年から、これといった風邪の症状に悩まされることはない生活をしてきているので、引き続き目標にしたいと思います。

旅行前や特別なイベントの前に、緊張から体調が不安になり熱っぽく感じるときがあるのが私の体の特徴なので、そういうことにも気を付けたいと思います。

また、風邪と花粉症見分けがつきにくくなっているので、そういうところも注意して早めに対処したいと思います。

花粉症の場合は、アレグラが私には一番合っているようです。

ジオラマ

ビギナーズラックで入賞を受賞したホビコムのコンテストですが、その後は落選続きです。

今年は入賞を目標にコツコツ作品を作っていきたいと思います。

作品作りの目標は「より多くの人の懐かしい気持ちを引き出す作品」です。

技術的に褒められることはもちろんうれしいのですが、作品の写真を見ていて田舎を思い出したとか、幼少期を思い出したとか… そういう感情を動かすコメントを多くいただけるような作品を作りたいと思います。

そのためには、幼少期の目線だったり、時代背景だったり、当時の人間がとるであろう態度や行動だったりを作品に散りばめたいと思います。

神々は細部に宿る

このように教えてくれた友達の言葉を胸に、こだわりを持って作品を作りたいと思います。

作品は、ヤフオクなどに出品したいと思います。
売れたら補充… を繰り返し、年間36万円を最大売り上げ目標としたいと思います。

とはいえ、自分にプレッシャーを与えることなく楽しみながら作るので、金額的目標はあってないものとしてとらえています。

お礼は2度言う

何かいただいたとき、手伝ってもらったとき、うれしかったとき…
そういう時は、その場で「ありがとう!」ということは当然ですが、時間をおいて「あの時は、ありがとう!」と言えるようにしたいと思います。

一度でもそんな風にされたことがある人は、良くお分かりかと思いますが… 2度目のありがとうは、本当にうれしいものです。

”最初のありがとう”は、習慣からくるものとして相手にも捉えられがちですが、2度目の感謝ともなると、本当においしかったんだな、とか、本当にうれしかったんだな… と、こちらの感謝が伝わりやすくなります。

とても良い習慣だと私は思っています。

実はこの目標、昨年からの持ち越しです。
今年は、もっと努めて2回のお礼を言うようにしたいと思います。

人助け

声を掛けるくらいしか、自分には何もできないという状況もあるかと思いますが、それでもその一声で相手の気分が軽くなるのなら、そうした自分にできることの大小を問わずやっていきたいと思います。

特に、自分が助けられた日は、その借りをほかの人に返すくらいの勢いで人助けに励みたいと思います。

例えば、横断歩道で車が止まってくれた。こんなことも人助けされた回数として1回と数え、私はそれ以上の回数を世間に返したいと思います。

こうしたことを誰もが心掛ければ、世の中、住みやすくなると思います。

「私」と言おう

私の目標とする人は、自分のことを「私」と呼んでいます。

目標に近づくためには、まず模倣から… 形から入ろうと思います。