【センドク】読書ノート 145冊目|百歳は次のスタートライン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




参考になるかどうかはわかりませんが、読んだ本の感想などを書いています。結構、好き勝手なことを書いています。ネタバレもあります。

本を1,000冊を読もうと2018年9月に読書を開始しました。「挑戦・読書1,000冊」としてカテゴリーを新設しました。

1,000冊読書を「センドク」として、ブログのタイトルに付けて、統一したいと思います。

「読書ノート」としては、情報の不足が多々ありますが、参考になれば幸いです。

読書ノート

タイトル名:百歳は次のスタートライン

著者:日野原 重明 (著)

読了日:2021年3月28日

全体的な感想

年上の方の言葉は重い。

よく聞く言葉でも、そこに乗ってくる経験が違うので説得力が違います。

「あー、そうやって生きていけばいいんだな。」

と、思う瞬間、その証明が著者自身なので裏付けがあります。

これが、年下だったりすると・・・

私の器の小ささもありますが「お前ごときが!」となってしまいます。

ですから、とてもやさしく、当たり前のことを教えてもらったという感じです。

ひとつだけ良かったところをあげるなら

エリザベス・キューブラー・ロス「死ぬ瞬間」がこの本に登場してくるとは思いもしなかった。この本は、唯一と言っていいほど、私が読書の習慣をつける前に、手に取り購入した本でした。「死」というものをどういう風に考えるのかを知りたくて読んだ本ですが、もう30年近くも前に読んだ本が、こんな風に再会するとは!

さて、この本の中で心に残る文章があります。

遠くにあるぼんやりとしたことを見るのではなく、目の前にはっきり見えるものを実行に移すことである。」(カーライルの言葉)

この文章は、私の”考えすぎて行動に移せない性格”に対して、良いアドバイスとなっています。

著者同様、私も指針としたい言葉となりました。

1,000冊を読むためのルールは↓こちら

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら