【センドク】読書ノート 211冊目|生きる意味 109 ~後悔のない人生のための、世界の偉人、天才、普通人からのメッセージ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




参考になるかどうかはわかりませんが、読んだ本の感想などを書いています。結構、好き勝手なことを書いています。ネタバレもあります。

本を1,000冊を読もうと2018年9月に読書を開始しました。「挑戦・読書1,000冊」としてカテゴリーを新設しました。

1,000冊読書を「センドク」として、ブログのタイトルに付けて、統一したいと思います。

「読書ノート」としては、情報の不足が多々ありますが、参考になれば幸いです。

読書ノート

タイトル名:生きる意味 109 ~後悔のない人生のための、世界の偉人、天才、普通人からのメッセージ

著者:長南 瑞生 (著)

読了日:2021年9月12日

全体的な感想

結論から言おう。

この本には、「…本当の幸せが、ここにある」と書かれているが、厳密には、その入り口があるというだけです。

そして、その入り口とは、インターネットでの無料のメール講座への申し込みへと繋がっています。

途中までは、なるほど!と読み進めました。
そして、早く、その考え方を知りたいと、ドンドン読み急ぎました。

結局、最後の方は、同じことを言っているだけで、引っ張るのもいい加減にしてくれという気持ちになってきます。

いよいよ数ページ!ここにすべてが集約されていると思いきや「続きはWEBでね!」みたいな終わり方でした。

なーんだ、散々、死の前には目先の幸福は崩れ去るとか、絶体幸福を求めれば良いとか言って… 結局、絶対幸福は「仏教」を学べ… そのためには、無料講座ってか。

ガッカリした。

ひとつだけ良かったところをあげるなら

結果はガッカリなのだけれど、読みやすい文章だと思います。

本の中には超有名な哲学者などが登場します。
そういう人たちもまた人生に悩んでいたことを文章で残しています。それら文章は、ある意味、私に安心をもたらしてくれました。

1,000冊を読むためのルールは↓こちら

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら

YouTubeチェンネル始めました

YouTubeチャンネル「回想模型」では、作り方や素材について
雑談を交えながら撮影したものを流しています。
お時間のある時にご覧ください。
チェンネル登録もお忘れなく。

毎週土曜日に動画をアップしています。
楽しく動画投稿を続けるために、編集、字幕設定等はしていません。
いろいろ時間をかけると手間がかかるし、そのうち面倒臭くなってしまいそうなので、台本無しの一発撮り。
自分が楽しく続けられるYouTubeを心がけています。
HowTo動画は、もっと上手な方々にお任せして、こちらでは、雑