【センドク】読書ノート 234冊目|夢をかなえる爆笑! 日本美術マンガ おしえて北斎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




参考になるかどうかはわかりませんが、読んだ本の感想などを書いています。結構、好き勝手なことを書いています。ネタバレもあります。

本を1,000冊を読もうと2018年9月に読書を開始しました。「挑戦・読書1,000冊」としてカテゴリーを新設しました。

1,000冊読書を「センドク」として、ブログのタイトルに付けて、統一したいと思います。

「読書ノート」としては、情報の不足が多々ありますが、参考になれば幸いです。

読書ノート

タイトル名:夢をかなえる爆笑! 日本美術マンガ おしえて北斎

著者:いわきりなおと (著)

読了日:2021年11月27日

全体的な感想

私のルーツは小布施というところ。ここは、葛飾北斎も訪れたところです。

何か縁を感じて読んでみました。

漫画の自己啓発本のようですが、モノづくりをされている方には自信のつく本だと思います。

北斎が前面に押し出されていますが、北斎はほとんど出てきません。

なので、北斎好きで本を購入しようとされる方には不向きだと思います。

ひとつだけ良かったところをあげるなら

オリジナルを生み出すこと。真似をすること。掛け合わせること。

パクリとは?

誰もが通る「オリジナルとは?」のヒントが少し書かれています。

私はそれで納得したかと言えば、あまり納得はしていません。

私は、真似ることは学ぶということであり、真似るが変化して学ぶになったという説を信じていますので、真似ることに罪悪感を持たなくなりました。

きっと、それを理解したうえでの”掛け合わせ”がオリジナルと言いたいのかもしれませんが、あまり掘り下げても不毛な思考回路に陥りそうなので止めます。

そういう意味では、なかなか漫画と侮れない本です。

1,000冊を読むためのルールは↓こちら

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら

YouTubeチェンネル始めました

YouTubeチャンネル「回想模型」では、作り方や素材について
雑談を交えながら撮影したものを流しています。
お時間のある時にご覧ください。
チェンネル登録もお忘れなく。

毎週土曜日に動画をアップしています。
楽しく動画投稿を続けるために、編集、字幕設定等はしていません。
いろいろ時間をかけると手間がかかるし、そのうち面倒臭くなってしまいそうなので、台本無しの一発撮り。
自分が楽しく続けられるYouTubeを心がけています。
HowTo動画は、もっと上手な方々にお任せして、こちらでは、雑