クマのニュースを聞いて、いろいろ考えてしまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




「そういえば、あいつ、じっとしていたな。これから撃たれて殺されるというのに。」

そんなふうに思い出すのは、クマを射殺した猟友会メンバーの一人。

そこから想いを巡らせるのは、同じメンバーの人たち。

「もしかすると、子熊のころから育ててもらった恩返しをしたんじゃないか?」

「ひとり身の高齢の主人、身寄りもいなくて… そんなつらい未来を危惧して殺ったんじゃないか?」

「もしかすると、そうかもしれんね…」

飼っていたクマに襲われてご主人がなくなるというニュースが流れてきて、こんなことを思ってしまった。

「恩返し」と聞けば、複雑だがなんとなく美談になってしまう。

でも、それではダメなのだ!

どんなことがあっても「命」を他のものが奪ってはいけないのだ。

ところがどうだ?

自分はと言えば、手も汚さず、魚や豚や牛… 野菜… いろんな「命」をいただいている。

そういう時だけ、有難くいただくために手を合わせて「いただきます」と言う。

こんなカオス的な考えを巡らせて、人間で良かったと思う始末。

結論は出ない、生きていくのだから、完璧な結論とは、自分の死を意味する。

そういう割り切れないことは世の中たくさんある。

そのなかで、極力、他人に迷惑をかけず、できるだけ他人の立場や気持ちを理解しながら生きていくことしか、できないんだよなぁ。

YouTubeチェンネル始めました

YouTubeチャンネル「回想模型」では、作り方や素材について
雑談を交えながら撮影したものを流しています。
お時間のある時にご覧ください。
チェンネル登録もお忘れなく。

毎週土曜日に動画をアップしています。
楽しく動画投稿を続けるために、編集、字幕設定等はしていません。
いろいろ時間をかけると手間がかかるし、そのうち面倒臭くなってしまいそうなので、台本無しの一発撮り。
自分が楽しく続けられるYouTubeを心がけています。
HowTo動画は、もっと上手な方々にお任せして、こちらでは、雑