名前の起源?誰がそれをそう名付けたのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




たまに思い出すことがある。

物の名前

物の名前と言っても、洗濯機とか車とか・・・そういうものではなく、

火とか、石とか草といった、むかーしからあるものの名前のこと。

誰が呼んだのか

昔、昔、ずっとその昔・・・

誰かが、重い塊を見て「石(いし)」と呼んだ。

きっと、その最初の人がいるわけで、それがその地域での共通語に

なったわけで、それが、そのずーーーっと昔から呼び名が変わらず

現在の僕たちまで続いている。

もし誰かが

もし、誰かが「石」を見て、「草(くさ)」と叫んでいたら・・・

あの硬い重いものを僕たちは草と呼んでいたに違いない。

誰が、最初に名付けたんだろう?

本当に不思議。

そんなことをたまに考えては、一人で笑ってしまう時がある。

共通点?

面白いところがあって、大分近代になって出てきた言葉だと思うけ

れど、外国語で「kennel(ケンネル)」という言葉があります。

これ、「犬小屋」という意味。

犬が寝る小屋。

犬が寝る。

音訓読みすると、”ケン”が”ねる”でケンネル(kennel)=犬小屋。

これって、すごく不思議。

・・・オノマトペ。