この方法を知ってから「断捨離」が楽しくなりました。先輩から教えてもらった方法をご紹介。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




■ 断捨離できない理由

なかなか、断捨離ができない僕です。その理由は以下の通り。

捨てるのはもったいない!

捨てる前にオークションで売ってみよう!

持っていれば、いつか価値が上がるはず!

こんな理由で、気が付けば10年以上、捨てられないものがある。

片付けの上手な人から、昨年、アドバイスをもらい、なにげに効果が出ているのでブログの記事にしたいと思います。

■ 断捨離の方法

例えば、捨てるに捨てられない者が詰まった段ボールが3箱あったとします。

それを一気に片付けようとするから、捨てられない。

30%を捨てる

段ボール箱の中身を整理しながら、どうしても取っておくものをピックアップしていく。

考え方としては、捨てなくていいのだ。でも、”やっぱりこれはいらないなぁ”というものだけは捨てることにして、最終的に30%ほど捨てられれば良しとする。これで、3つあった段ボール箱は2箱になります。

6か月後の見直し

6か月後、残った2箱を見直します。

どうしても残しておいたものの中には、いつか売る!とか、いつか値が上がる!とか、いつか使う!という理由で残したものが含まれているはずです。

半年経って、実際、オークションなどで売ってみましたか? 実際、使いましたか?

きっと、段ボール箱の中に残ったままのものは、いずれの対処もしていないから残っているのです。

あの時、売ろう、着よう、使おう・・・と思ったけれど、そうしてないものは、今後もそのまま残り続けるものです。思い切って捨てましょう!

もしくは、オークションやリサイクルショップに持って行きましょう!

全部捨てる必要はありません。全体の30%捨てればいいのです。

ちなみに、6か月後の見直しで出てきたアイテムをオークションに出品したら・・・

6アイテム中4つが売れて2,000円!(2つは断捨離しました)

こうして、一定期間で見直しをかけていくと自然に物は減っていきます。

減るとスペースが空き、お部屋がスッキリしてきます。

スッキリした部屋が気持ち良いと感じるかもしれませんし、物が欲しくなるかもしれません。

その感じ方は人ぞれぞれですが、スペースが空くことや古いものがなくなることは、精神的にとてもよく、活力がわいてきます。

実際、このゴールデンウィークで僕の断捨離は6か月目です。

ちょうど見直しの時期なので、いろいろ整理して、30%のスリム化を目指そうと思います!

本の断捨離は成功しつつあります。

方法をまとめてみましたので、ご参考までに。

・・・オノマトペ。