自分を褒めることはしないのに、責めることは絶対にする・・・思い当たる日常を例にしてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




■ ちょっとしたことでネガティブ思考になる

朝、ごみを出す。

そして、少し歩いた後、本来のごみの日ではないごみを出している事に気がつく。

たった、これだけで、ご近所から何か言われないか?

どうして、気がつかなかったんだろう?

・・・・と、朝から一気にネガティブになる。

ちょっとしたことが、素敵な一日を台無しにする。

まさに、今日がそうだ。

■ ちょっとまて!それは自分に失礼だよ

でも、途中で気が変わった。

今まで1年以上もごみの日を間違えたことはない。

それに毎日、間違いを起こさず仕事をして帰ってくる。

階段を踏み外さず、エレベーターのボタンも押し間違えず、大きなトラブルもなく

それこそ、1日どれくらいのミッションを成功させているんだろう?

エレベーターだって、慣れてしまっているから押し間違いが無いけれど・・・

慣れるまでの時間を考えたら、人って相当のミッションを毎日成功させている。

その毎日が何年も続いている・・・その奇跡。

それって、とてもすごい事!

その凄い事に対して、僕は僕自身を褒めた事があるだろうか

・・・ない・・・きっと、無い

それなのに、たった一度のごみを出す日を間違えた事くらいで、自分を責めすぎ

なのではないだろうか?

他の人は、僕のようにミスをせず、もっと長い期間、ずっといろんなミッションを

成功させ、ずっと記録を更新しているかもしれない。

そのはなしは置いておくとして・・・・。

そうやって、凄く多くのミッションを成功させているにもかかわらず、自分を褒め

ない。褒めないばかりか、たった一度のミスを責める・・・。

これは良くないよ。

そう思ったら、クソみたいなちっぽけな悩みなんか、飛んでしまった。

・・・オノマトペ。