シリコントレイでキャンドル作りに初挑戦してみました。うまくいったので作り方をご報告いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




用意したもの

・ シリコントレイ

・ 手鍋

・ ろうを溶かすための湯煎鍋

・ じょうご

・ ろうそく

・ クレヨン

・ カッター

作り方手順

ろうそくに色付けを行いたかったので、赤のクレヨンをカッターで薄く細かく削ります。

ろうそくをまとめて芯ごと湯煎鍋に入れます。

だんだん、ろうそくが芯だけになってきました。

芯はあとで使うので、割りばしなどですくい取っておきます。

溶けたろうの中に、先ほど削っておいたクレヨンを入れます。

(・・・ろうが色づいたと思います)

こんかい使用したシリコントレイは「ドクロ」の氷が作れる製氷皿です。

このシリコントレイは立体のドクロが作れるので、キャンドルを作ったら素敵かも

と思い、このトレイを選びました。

このトレイは上下にトレイが分かれます。上のふたには穴が付いていて、そこから

水を注げるように穴が開いています。

その穴にピッタリはまるじょうごを使って、溶けたろうを流し入れようと思います。

その前に、ろうそくの芯を穴から差し込んで出しておきます。

この状態で、じょうごを差し入れ、溶けたろうを流し込んでいきます。

ノーマルのろうと赤のろうを流し込んだところです。

ちなみに、グリーンも作ってみました。

ろうそくが冷えて固まったころ合いを見計らって、いざ、オープン!

初めてにしてはうまくできました!!

ちゃんと火も点き、だんだんドクロが溶けていきます。

その溶け方が・・・なんとも、おどろおどろしいというか、雰囲気があるというか・・・。

結構気に入りました! ハロウィンにもってこいかも?!

前回は、鉛を流しいれてドクロを作りましたが、キャンドルもGOOD!

こういう使い方ができるのもシリコンならでは。

氷を作ることの他にも、こんな応用ができるとは、自分自身、驚いています。

いろんな形でいろんなものを作ってみたくなりました。

・・・ オノマトペ。