髭のお手入れ用バリカンを購入してみたが・・・僕のレビュー。

1995年ころの話。

この当時は、会社で髭を伸ばしていると目を付けられたものでした。

軽い嫌味を言われたり・・・

髭は不潔であり、相手先にも失礼で、そんな会社員は成績が悪い!

と、髭をはやしているだけで罪人扱いくらいのプレッシャーでした。

それでも、無視をして髭をたくわえていたのが27歳くらいの時です。

まぁ、生意気に移ったんでしょうね・・・きっと。

僕は、そういう環境でしたので髭を伸ばすにもルールを設けていました。

他人が見て、汚らしい、不潔という印象を与えないよう、手入れをこまめにする。

そういうことで、堂々と髭をはやしていました。

ある時、駅の改札で・・・

「かっこいい!」と僕の髭を見て学生が言っている言葉を耳にしました。

通りすがりとはいえ、嬉しかった!

髭を伸ばす人は、汚らしかったり、不潔であってはいけないとして、上司に嫌味

を言われ続けながらも伸ばしてきたことが、この瞬間救われたような気がしました。

さて、髭の手入れですが、今まではコード付の散髪用バリカンで3mmにして

一気に刈るという方法を20年以上続けています。

僕にとっては、ダイヤル式だのアタッチメント式だのはどうでもよく、3mmで

一気にばっと刈れるだけでよいのです。

そこで重要になってくるのが、髭を刈るときに刃に髭が噛んでしまうかどうかです。

スムーズに刈っていたと思いきや、グッ!と噛み、髭が抜ける・・・

結構、痛いんです。

今までコード付を使っていたので、髭を刈る際は、延長コードをバリカンに繋いで

お風呂場で刈っていました。

髭を刈った後は、刃の手入れとコード類の後片付け・・・

段々面倒臭くなってきて、髭のお手入れが疎かになりつつありました。

疎かにすれば、不快感を与え、不潔です。

そういう人は、髭を伸ばしてはいけない!これが僕のルール。

面倒なのはコードの繋ぎと片付け、刃のお手入れ。

だったら、コードレスにして水で丸洗いできるものを買おうじゃないか!

加えて言うなら、刃に髭が噛まないことが重要で、3mmで刈れれば良い!

これ以外は、商品にレビューが色々乗っていても興味なし。

色々吟味して、これを購入しました。

これ、半年や1年で故障したというレビューもありましたが・・・安いもん、仕方ない。

それでも、半年でも今の苦労を少しだけ軽減できれば御の字。

1年もてば、更によし!

商品が届くまでに5日ほどあったので、少々、うっとおしいくらいに髭を伸ばして・・・

いよいよテストです。

伸びた髭は1.5cmほど。

これを、フル充電後のこのバリカンで、一気にガッと刈ってみます。

まずは、新旧ご対面!

そして、新しいバリカンを開封!

アタッチメントは2種類で、バリカンに装着してバリカンの首の部分を回すと

刈る長さを調節できる。

ここで、気が付く!

あれ、3mmの調整がない!最高に短い設定で4mmだ。

あーぁ・・・しくじった。

けれど、今までより頻繁に髭をカットできる環境ができたので4mmでもいいや!

こんな感じで充電できるので、置く場所も邪魔にならない。

充電中はこんな感じ。

ちょっとかっこいい。

商品が届いて、バリカンのスイッチを入れると作動した。

多少充電時間が節約できてうれしい。

あと、洗える部分は刃先部分であることが分かった。

刃先にハンドソープなどをつけてスイッチをONにしてかるく水をかける。

そうすると泡立つので、さらに数秒動作後、スイッチを切る。

その後、水洗いする。

これでほんの少しだけ掃除と手入れが楽になった。

気軽に髭の手入れができます!

さて、いよいよ4mmで一気に髭を刈ってみます。

音とパワーは若干ケーブル有りのバリカンより劣るけれど、刃が新品のせいか

全く髭を噛むということがなかった。

ただ、やはり、4mmという長さは、僕的には満足できない。

自分のチェックミスとはいえ、残念。

掃除・手入れに関しては、水洗いができるものの刃の奥に入った髭を掃除できない

のが残念です。たぶん、強引に刃を外せるのかもしれないけれど説明書には書いて

いないし、新品を壊してしまっては嫌なので、このまま使おうと思います。

まぁ、気軽に手入れができるコードレスが送料込みで2,000円以内なら、お買い得

だと思って、納得しようと思います。

(Visited 6 times, 1 visits today)