女の子3人。どこまでが本音で仲良しなのか・・・ダークサイドの僕が妄想してみた。

スポンサーリンク




女性の仲間3人が、ガチャガチャをしている。

・・・というか、2人が1人を焚きつけて、ガチャガチャをやらせたようだ。

・・・ゴトン!

「めっちゃ、いいやん!○○も付いていて、これ絶対、当たりやで!」

そういって、焚きつけられたひとりの出てきたカプセルを見て喜んでいる。

ガチャガチャをやった女の子も喜んでいる。

ここからが、僕のひねくれている推測。

焚きつけた2人は、焚きつけた手前、カプセルの中身が変なものでも、「良かったね!」

と言わなければ、その場が丸く収まらなかった・・・。

確かに、「あんまりよいモノじゃないね!」とは言えない。

だって、やれって焚きつけたんだから。

焚きつけられた1人の女の子も、たいして嬉しくないのだけれど、「めっちゃいい!」

と羨ましがられたので、嬉しい気持ちになったけれど、実は、気を使って褒めてくれている

のだから、喜ぶ演技をしていたのかも?

本来は、人柱として余計なお金を使わせられたのだから、2人には、適当なこと言わないで!

そう思っているかもしれない。

そんな3人の気持ちが交差しながら、焚きつけた2人は、心にもない誉め言葉を言って相手を

盛り上げ、盛り上げられた1人は、気を使ってその雰囲気に乗る・・・。

そんなひねくれた空気感を感じながら、3人のうわべだけの仲良しさを見守っていました。

本当にそうなのかはわかりません、これ、僕のダークサイドの推測ですから。

(Visited 18 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする