昭和レトロ:ホーロー看板のピンバッジ「ニッカ ウ井スキー」作りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




1934年(昭和9年)、広島県賀茂郡竹原町(現・竹原市)出身の竹鶴政孝によって北海道余市郡余市町に前身である「大日本果汁株式会社」が設立され、同社の略称「日果(にっか)」の片仮名書きが現在のブランド名になっています。

ところで、どうして「ウ井スキー」と「イ」を「井(ヰ)」と表すのでしょうか?

ネットで調べると「ウイスキーは水が命なので、井戸の『井』の字を使って『ニッカウ井スキー』で登記申請したそうです。

ところが、当時は漢字とカナを混ぜて登録ができず、やむなくカタカナの『ヰ』を使ったそうです。なぜヰなのかというと、発音が英語のウイスキーに近いからという理由だったようです。ヰは「ゐ」のカタカナで、「井」の字に由来するとされています。

ということは「ヰ(カタカナ)」ではなく「井」となっているこの看板は、漢字とカナを混ぜているので、これが本来のものなのですね。

ピンバッジ「ニッカ ウ井スキー」

この文字のいわれを考えると、ちょっと誇らしげにピンバッジを付けたくなりました!

ピンバッジのつくり方↓