マツダ T2000 オート三輪(バタバタ・バタコ)を作る。サビるまで働いてくれて、お疲れ様。

スポンサーリンク




マツダ T2000 オート三輪

※ SNSの仲間からいただいた写真です。

昔、近所で見かけたこの車「マツダ T2000 オート三輪」。

三輪という構造ゆえ、カーブでの操作を誤るとすぐに転倒していました。

そこでつけられた愛称が「バタコ」または「バタバタ」。

子供の時は、運転席が高く見え、異様な雰囲気を漂わせ、恐怖すら感じた。

しかし、制作していると愛着がどんどん湧いてきてしまった。

今回「マツダ T2000 オート三輪」の制作が、プラモデル作りの最初となります。

厳密に言えば・・・

小学校の時、何かの車を色も塗らず、適当にボンドでくっつけたのが最初のプラモデル。

そんな制作経験しか持たない僕だけど、本当に楽しく没頭できました。

気が付けば、深夜2時、3時という日もあり、この熱はまだまだ続きそうです。

完成した作品をSNSでアップすると、いろいろなアドバイスをいただきました。

それを次回以降、作品に反映させることも僕のポテンシャルを維持しています。

素人の「マツダ T2000 オート三輪」作りの過程をアップし、健忘録としたいと思います。

マツダ T2000 オート三輪 制作過程

僕は塗装がへたくそで、色の再現性についてはセンスがありません。

そこで車体を「白」にして錆び塗装(ウェザリング)をしようと思いました。

僕は錆びた感じの車や建物、遊具といったものが好きです。

だから、白に塗装した車体をサビで汚そう、そうすればサビも目立つと考えました。

荷台の制作 マツダ T2000 オート三輪

実は、この荷台の長さに惹かれてプラモデルを購入しました。

鉛筆トレーとしてブリキトラックのおもちゃを探していました。

しかし、鉛筆置きとして丁度良いものがありません。

ならば、作ろうと思ったのが「マツダ T2000 オート三輪」との出会いのキッカケです。

材木を運搬するための長めの荷台は数本の鉛筆を積めば、きっと良い感じになるはずです。

組み立て前の荷台はこんな感じです。

青を木調に塗装する技術は無いので、本物の木材を貼っちゃうという発想・・安易です。

1mmくらいの薄さまで削ってから、寸法に合わせて縦に割き貼っていきます。

これで、プラスチックのもともとの荷台の色をごまかせるし、微妙な歪みも修正出来ました。

一応、荷台は白で塗り、ウェザリングを施しました。

木材もウェザリングを施し、荷台に貼っていきます。

すべて貼り終えました。

本当は横や後ろの囲い部分も木材を張らないといけなかった・・・。

この後、全体的に錆びを施しました。

運転席とのバランスがあるので汚し過ぎない程度でやめておきます。

運転台の制作 マツダ T2000 オート三輪

そもそも「運転台」という名称で良いのだろうか?

そのくらい車には興味がなく、プラモデルの制作経験もない。うんちくもない。

ただ、黙々と楽しんで作っていました。

どんな場所に置いておくとどう錆びるのか?

水滴はどこに溜まってしまうのか?

そういう水滴を人間はどのように手入れをして大事に乗っていたのか?

そんなことを考えながら、サビの塗装をしていくのですが、とても楽しい時間でした。

荷台とのバランスを考えると複雑な思考が必要ですが、実に楽しい時間でした。

こういう見えにくいところの塗装の甘さは、反省点として次回に修正しようと思います。

前輪の制作 マツダ T2000 オート三輪

ここは顔ともいうべきカッコいい部分です。

ここにも反省点があります。シートが綺麗すぎるということです。

こういうところまで気が回らないのが、プラモデル初心者です。

次回は、運転席のシートが破れてスポンジが見えているような演出ができればいいなぁ。

裏は見えないから・・・という甘さ・・・ここにもあります(笑)。

前輪と運転台の組み上げ マツダ T2000 オート三輪

ここまでくると完成が見えてきているので、少し寂しくなってきます。

完成したら楽しい時間が終わってしまう。

けれど、完成しないとつまらない。

そんな葛藤を覚えながら丁寧に、丁寧に組み上げます。

運転台と荷台の組み上げ マツダ T2000 オート三輪

荷台はシャーシと組み上げるのですが、細かい部品が付いていて慎重にしないといけません。

プラスドライバーでネジを締め、荷台が完成しました。

タイヤの裏にも塗装の甘さがあります(笑)。

それはそうとして、タイヤをパンクさせるという演出も次回やってみたいと思います。

タイヤのパンクや運転席のシートの破れというアイデアはSNSの仲間から頂戴したものです。

流石だと、感心しています。

いよいよ最後の組み上げです。運転台と荷台の組み上げです。

ここもシャーシと運転台をネジで止める箇所があります。

慎重にドライバーで止めていきます。

完成です!

まとめ

鉛筆置きを作りたいというところから始まったプラモデル作り。

見よう見まねで作ってみたものの、背景が無いのはさみしいですよね。

SNSの仲間から、背景や人物があるともっといい!と、アドバイスもいただいております。

引き続き「マツダ T2000 オート三輪」が似合いそうな情景作りをしようと思います。

それにしても、本当に楽しい時間でした。以下は、親バカなギャラリーです。

(Visited 102 times, 1 visits today)
スポンサーリンク








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする