【多肉植物】育て方も分からず取り掛かる箱庭作り。No.6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




2019/12/11に土に多肉植物を植えました。今日で約3ヵ月目です。

No.4でコツのようなものを発見。

「天気の良い時に太陽の日差しを当て、夜に水やりをする。」

これを繰り返していると、すくすくといつの間にやら伸びてきました。

嬉しくなり、見守っていろと背丈がどんどん伸びてきたので、挿し木で増やそうと決意しました。

挿し木

右の手前のカップの中に「頭」を切られた多肉植物があります。

これは、先を切って「挿し木」にしたものです。

切ったものはというと、↓ここに植えました。

いちばん最初、こんな状態で送られてきて育て始めました。

いろいろあって生き残った生命力の高いやつらの分身だから、きっと今回も強く根付いてくれるだろうと、土に挿し込んでみました。

ネットで調べると、土の上に横にしたまま放置しておくと根が出てくると書いてありましたが、私の場合、根が出た後、土に植えた段階でダメになるケースがほとんどでした。

だから今回はいきなり植えてみました。

これまでは、土に挿したものを確認のために抜いたりしていましたが、今回はこのまま放置です。

コツはなんとなくわかってきました。

  1. 太陽をたくさん浴びると乾燥して少し元気がなくなります。
  2. 葉がぶよぶよでしおれたように見えたら、水をたっぷりあげます。
  3. 翌日には葉が元気いっぱいでぷっくりと復活します。

この繰り返しで成長してきたように思うので、このやり方を続けて「挿し木」を成功させたいと思います。