ブログで稼ぐには、無理をしないで続けること。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




ブログで稼ごうと思い立ち挫折するまで

月数万円なら簡単にブログで稼げる

ブログアフリエイトで生きていくには難しい。

けれども、月数万円なら比較的簡単だという人たちがたくさんいます。

そうした書籍やインターネット上にある情報を見てみると、確かに簡単そうです。

そこには…

  • 毎日、記事を書くこと
  • 1000文字以上の記事ををわかりやすく書くこと

ということが書かれています。

初めは簡単 ネタはいくつでも思いつくような錯覚

普段頭で考えたり、いつか話したい事というものは、2つや3つ頭の中にあります。

だから、まずはそれを書こうと思いたち、実際にやってみたくなります。

そうやって、ブログを書き始め、どうせなら稼げるようになりたいと思うようになります。

でも、その3つほどのネタを書き終えると、途端にネタ切れしてしまいます。

毎日更新したとして、たった3日でネタ切れです。

それでも頑張ろうとすると、自分で書けそうなネタを探し始めます。

ネタ探し

指南書でもYahooニュース等を見て自分の書けそうなネタを探しなさいと書いてあります。

ニュースやゴシップネタをよく見るようになり、ちょっとした出来事でも気に止めるようになり、ネタにしようとし始めます。

息の長いテーマを探し始める

毎日ニュースを見て、自分の気になることを記事にできたとしても、そういう時事ネタは「旬」な期間が短いものです。

1週間もすれば忘れ去られてしまうようなネタが多く、せっかく書き上げた記事も読まれる期間が短く、書いていてもむなしくなってきます。

ブログを始めたばかりの時は、アクセスが上がらないのが普通です。となれば、せっかく書いた記事は誰の目にも触れないまま1週間が経過してしまうこともザラです。

この繰り返しで心が折れそうになります。

そこで、瞬発力の時事ネタ・ゴシップネタより、恋愛の駆け引きや物事の考え方といった、いつの時代でも通用するようなテーマを探し始めることになります。

心理、マナー、記念日、花粉症…といったロングテールの記事を書こうとします。

書けない

自分の得意分野や興味のあることでなければ書けないのが普通です。

アクセスを集めるため、数万円を稼ぐためにネタを探すも、せっかく書いた記事も寿命が短い…。だんだん、無理して書くようになります。

当然、楽しくない。

そして、ブログの更新を止める。

こういうことになります。

ここで挫折してしまうのです。

どんな人がブログで稼げるのか?

ブログで数万円を稼げる人、それ以上稼げる人…それぞれ差はあるけれど、共通しているのは「書くことが好き」ということです。

書くことが好きではない人が、ブログで稼ごうとしても無理に決まっています。

続くわけがないのですから。

毎日、毎日、1000文字の記事なんて・・・普通は書けない。

逆に言えば、書けるから稼げる。

書ける人は書くことが好きだから、苦ではない。

そういう人は、自分が特別だとは思っていないので、みんなも毎日1000文字程度の記事は書けるものだと思っています。

簡単な話…

”自分が好きなものは他人も好きなはず”という思い込みと同じです。

それに気がづかず、自分もその人と同じように始めてしまうと、無駄なストレスを経験してしまうことになります。

アクセスアップは書くペースを気にせず、続けること。

  • 更新頻度が少なくても書く
  • その記事が役に立つ人もいる
  • 丁寧に丁寧にわかりやすく読みやすく書く(きっと伝わります)
  • お金のことは考えない
  • 誰かが便利になればいいという気持ちで書く

きっと、知りたい人・困っている人は、必ずそうした丁寧に書かれたブログや解決方法が掲載されたブログを見つけてくれます。

この記事が書かれた(2017.02.01)から、リライトをしている今日現在(2020.5.14)で累計124回のアクセスがこの記事にはあります。

1日何人がこの記事を見てくれるのかはわかりません。

例えば、1日1回アクセスされる記事が1,000記事あれば、単純に1日1,000アクセスを集めることが出来るのです。

それを考えれば、毎日更新しなくても、コツコツと記事を増やすことが重要だということが分かると思います。これこそがアクセスアップの近道なのです。

自分が書きたい記事を丁寧にコツコツ書くだけ。これがいつか大きな収入となって返ってくるのだと思います。