私は、これを奇跡・お導きと考えずにはいられません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




最初の出会い

2007年 12月9日 ラスベガス旅行から帰ってきました。

当時、見た事もない雑貨に大喜びをして、自分のお土産としてラスベガスから買って帰ったのが、この製氷皿だったと思います。

クールジュエルという、宝石の形が出来る製氷皿です。

アメリカでは、ホームパーティが自然に行われているけれど、当時の日本では、ホームパーティという言葉は愚か、家飲みという言葉すらなかった様な気がします。

アメリカでは、ホームパーティの際、こういう氷を浮かべて飲み物を出すんだ~、へぇ~
という気持ちと、確かに初対面同志なら、こういう氷から会話のきっかけにもなるのかなぁ・・・と妙に感心しました。

日本もこういう時代になればいいなぁ、なるだろうという事で、そういう製氷皿を集めて、売ってみようと思いました。

売れなくても僕のコレクションになるし、何よりもおもしろそうだった。

ネットショップを開業

2008年 2月29日 ネットショップを始めました。

私のような人間くらいしか、製氷皿の良さをわからないと思ったので、私のような人間が好きそうな製氷皿だけを集めました。

雑貨やマジックグッズと一緒に製氷皿も少しずつ増やしていきました。

2009年 3月18日 初めて製氷皿が売れました。

別々のお客様に、それぞれ1枚ずつ。

氷の弾丸ができる製氷皿とタイタニック&氷山の製氷皿です。

いつか、オリジナルの製氷皿を作りたい。

東京オリンピックまでに、沢山取り扱いたい・・・そうしているうちに月日が流れました。

もちろん、製氷皿のお店だけでは生活が出来ないので、苦しかったです。

運命的な出会い

2016年 11月5・6日新潟柏崎旅行にて運命的な出会いをしました。

金型を作れる工場の担当者と知り合いました。

旅行から戻ってもフェイスブックで繋がり、情報交換をするうちに、柏崎市のゆるキャラ「えちゴン」を製氷皿にするという事になりました。

柏崎市の発展と、こういう雑貨への取り組みなら、まだまだ新しくシェアの拡大を狙えるのではないかという方針も手伝って、話はとんとん拍子に進んでいきました。

2017年 3月16日金型成型工場見学にて

柏崎市で知り合いになった方たちと、都内の工場見学に行くことになり、待ち合わせた駅でのことです。

私は、フェイスブックで知り合いになった方の話をして、その人も一緒に手伝っていただけたら嬉しいと、その場で話しました。

すると「その方がこちらです!」と紹介されたのが、たった今、名刺交換をさせていただいた方でした。

確かに、待ち合わせの時、私は顔を知らないのに、相手は私の名前を呼んで声を掛けてこられたので「おかしいな?」と思いましたが、実は、フェイスブックではすでにお友達になっていました。

相手の方のフェイスブックは、自分の顔写真を掲載していなかったので、私は気がつかず、その方だけが私に気付いていたというわけです。

一緒に絡んで欲しい人がそこにいるという偶然に、嬉しくなりました。

さらに偶然は重なります。

行き先の工場の部長の奥様・・・

大変、コーギー犬が好きな方で、コーギー犬をデザインした製氷皿をお持ちだそうです。

そのコーギー犬の製氷皿こそ、私のお店でオリジナル製作した製氷皿だったのです!

鳥肌物の偶然に興奮を覚え、当日は興奮がおさまりませんでいした。

そして、本日、3月17日にこのブログに奇跡をまとめてみました。

工場見学では、新しいモノづくりに全員が意気投合し、これからどのように進めていくのかを話し合いました。

新しいプロジェクトの始動です!

ところで、お気付きでしょうか?

明日、3月18日は、8年前の2009年3月18日、初めて製氷皿が売れた日です。

アメリカに行き、目に止まった製氷皿・・・

そこからはじまったネットショップやオリジナル製氷皿の製作・・・

すべてがつながり、そして今年の記念すべき3月18日から、新しいプロジェクトが始まる!

これは、偶然でしょうか?

私は、そうとは思いません。

このプロジェクトは世の中に必要とされ、作り始める時が来たことを意味していると思います。

だからこそ、初めて製氷皿が売れた記念日に照準を合わせ、全てが繋がったのだと思います。

私の8年以上に及ぶ土台作りが、今、多くの方の手によって走り始めました!

もう、ワクワクが止まりません!