ドラマ「陸王」を見て、当時5本指シューズの販売協力をした悔しさがこみ上げてきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




陸王というドラマを見ると思い出します。

5本指シューズ「GLOBE(グローブ)」を東急ハンズなどに売り歩き、苦労したことを・・。

成功しなかった理由

僕たちに足りなかったことは、研究と成功するまでやめないということ、そして資金力。

ドラマの時間軸は正しい

足袋のように先が二股に分かれたシューズは、僕たちが5本指シューズを販売し始めたころ、ほぼ同時期に出てきたシューズだった。

ドラマでも、ビブラム社の5本指シューズを見て「こはぜ屋」の社長が感銘を受けたシーンがあるので、忠実に時系列も再現されていると思う。

5本指シューズはデザイン性と先行性ではビブラム社が有利でした。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B01DD16K60″ title=”vibram five fingers ビブラム ファイブフィンガーズ V-Run 16M3101 Black/Yellow メンズ (M43(28.0cm), Bl…”]

僕に依頼が来た

ビブラムの5本指シューズが日本市場にチラホラと出てきたとき、アパレルメーカーの社長から、5本指シューズの販売協力の依頼がありました。

5本指シューズのネーミングは、僕が出したいくつかの候補の中から決定しました。
名前は「GLOBE」と名付けられました。

5本の指で地球をつかむという意味が込められています。

僕はホームページとショッピングサイトも製作し、東急ハンズへの営業など、出来る限りのことをさせて頂きました。

本当に楽しかった。

度重なるトラブル連鎖

当時の「GLOBE」の金型は中国にあり、縫製も中国で行われていました。

テレビでも5本指シューズの斬新な形を取り扱ってもらい、健康ブームと相まって販売が伸びていきました。

「ぶらり途中下車」でも紹介され、いよいよ金型と縫製も日本で行えそうだという兆しの中、次々と問題が発生しました。

ライバル会社からのクレーム

ビブラム社からの特許侵害のクレームがありました。国際特許を取得しているということで、5本指のシューズの販売は違法だとビブラムジャパンがクレームをつけてきました。

多くの時間を割いて、調査をしたところ、ビブラムの本社では、そうしたクレームを行ったということはなく、ビブラムジャパンが勝手にしていることだということが判明しました。
※ 国内のシェアを拡大したいがために、本社の了承を得ずに勝手にしたことでした。

しかも、ビブラムジャパンはビブラム社の正式な日本法人ではなく、単なる販売代理店としてビブラム”ジャパン”を名乗っていただけでした。

しかし、このことが1つの会社の協力を失うことになりました。

失速し始める

東急ハンズに卸している問屋と将来的には国産品を作ろうとタッグを組んでいましたが、ビブラムジャパンとの騒動で、この騒動が落ち着くまでは東急ハンズへの供給はしないと言われてしまいました。

浮かび上がる事実

ビブラムジャパンとの騒動で、新事実も発見しました。

中国で作られている「GLOBE」のソウル(靴底)のデザインはビブラムのものと同じ金型かコピー金型を用いて作られているという事実が判明しました。

金型の横流しは当たり前の中国にあって、どこがコピーしたものなのかを突き止めることは不可能でした。

今度こそ、何かあれば本当のビブラム本社からクレームが来るという状況。

クレーム対策・・・時すでに遅し。

金型費用を出し、オリジナルの金型を作成し、ソウルのデザインを見直しました。しかし、売り上げはドンドン落ち込み、気が付けば在庫の山。在庫を持っている店舗では、在庫処分による価格破壊が進みました。

「GLOBE」は安くて変なシューズというイメージになってしまいました。
売れなければ作れない。

それでも熱意をもってこの困難を乗り越えようとする気力は関係者にはなかった。所詮、僕自身も面白い商品を販売して、ブーム的に一発当てたいというよこしまなブローカー的な発想だったことも事実・・・。仲間も同様でした。

だから、外部から少し弱みを突かれると、蜘蛛の子を散らすように皆いなくなる。
一連の事では、良い勉強をさせてもらいました。

陸王から得られるもの

「運」のようなものを感じずにはいられないドラマです。

僕たちが同じように頑張っていても成功はしていなかったかもしれません。しかし、まさにここの部分が重要です。もし、頑張っていたら?でも、実際は頑張っていない。

その先の未来、運・・・

そんなものはわからないけれど、とにかく動く!
行動もしないで逃げてしまったから、何も起こらなかった。

ドラマのように、とにかくあきらめず、可能性のあることはすべて試す。そうしたことで、人とのご縁が生まれ、人を動かすことができ、人が集まり、奇跡が起きる。

動く!という、ただこれだけのことが大きな差を生むことを知りました。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B004KNYBKI” title=”5本指シューズ「Globe」(m-1015)White×Black 27cm”]

・・・・オノマトペ。