トップ選手と道具。卓球編。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




道具というのは良いものを使えばよいよいというものでもない。

自分の実力と道具の性能が合致して初めて威力を増すものです。

しかし、目指す選手と同じ道具を持つということは、それだけでテンションが上がるし、

練習意欲もわくものです。

最近、カーリングと一緒で卓球の面白さにハマっています。

そこで卓球の一流選手と言われる日本人にスポットを当て、彼らがどんな道具を使っている

のかを調べてみました。

道具の画像には購入店舗をリンクしておいたので、ご参考までに。

石川佳純(KASUMI Ishikawa)

左シェーク・オールラウンド型。2016年現在全日本選手権女子シングルス4度の優勝。

ラバーは裏裏で、フォアハンド、サーブを得意とする。

ラケット:インナーフォース レイヤー ALC

木材の柔らかい打球感を備えたインナーファイバー仕様のラケット。アリレート・カーボン

を搭載し、多くの場面で弾みとコントロールのバランスの良さを発揮します。

ラバー(表面):キョウヒョウ NEO3

粘着性ラバーの特徴をそのままに回転+スピードタイプのシートを採用しました。

ラバー(裏面):キョウヒョウ NEO3

「エネルギー内蔵技術」の優れた弾性と、「スプリング・スポンジ」による「ボールを包み

込む感覚」や「回転とコントロールの性能」を最大限に引き出すように設計された“開発コー

ドNo.64”のツブ形状を採用。ボールを包み込み、回転をかけて高速の打球を放つことができ

る『テナジー・64』は世界のトップ選手も認めるスピードラバーです。

伊藤美誠(MIMA Ito)

バック面表ソフトを活用したピッチの早い前陣速攻タイプ。

ラケット:アコースティックカーボン

アコースティックにしなやかで安定感のあるFEカーボンを挟み込みました。繊細なタッチを

そのままにより心地よい打球感を実現しました。

ラバー(表面):キョウヒョウ プロ3 ターボオレンジ

粘着性ラバーで飛ばしたい!世界の舞台で活躍する選手によって実証されている、その実力。

世界を制したギアは、こんなにも進化した!

キョウヒョウプロ3 のシート+日本製の高弾性スポンジ

さらにスピード性能を向上させるアクティブチャージ(AC)搭載!

ラバー(裏面):モリストSP

テンション効果によりスピードボールやナックルボールに抜群の性能を発揮します。

平野美宇(MIU Hirano)

ラケット:クリッパーウッド

弾みと打球感が心地よいベストセラーラケット。

ラバー(表面):テナジー05

「スプリング・スポンジ」と「エネルギー内蔵技術」が生む独特の打球感を有すラバー。

多くの選手による試打と機械測定から「回転性能が高い」と評価された“開発コードNo.05”

のツブ形状を採用し、強烈な回転をかけられます。
エネルギー内蔵型ラバーと高粘着高摩擦ラバーが融合したかのように、回転主体のプレーに

非常に高い性能を発揮します。

ラバー(裏面):テナジー64

「エネルギー内蔵技術」の優れた弾性と、「スプリング・スポンジ」による「ボールを包み

込む感覚」や「回転とコントロールの性能」を最大限に引き出すように設計された“開発コー

ドNo.64”のツブ形状を採用。ボールを包み込み、回転をかけて高速の打球を放つことができ

る『テナジー・64』は世界のトップ選手も認めるスピードラバーです。

丹羽孝希(KOKI Niwa)

全日本卓球選手権大会でシングルス優勝している。

サウスポーからの打点の早い両ハンド攻撃で中国チームにも警戒されている存在。

ラケット:Koki Niwa

丹羽孝希はリオの大舞台で実力を証明した。世界ランキング一桁の選手を超攻撃卓球で撃破

した。その左手に握られていたのは『QUARTET AFC』。そして大会後に、さらなるパワー

アップを計るため、VICTASの開発陣と考えたのが新たなギア『Koki Niwa』ラケットだ。中

芯を厚くしてさらに威力を増した木材構成。ラリー戦での速さ、そして台上での攻撃で力を

発揮する「世界で戦うラケット」が完成した。

ラバー(表面):V>15 Extra

コンセプトは相手の強烈なスピンに負けないシート。相手の強烈なスピンに対しカウンター

ドライブでも自分がイメージした場所にコントロール出来る弾力性に優れたシートを実現し

ました。攻撃では最新の力強いスポンジが繰り出すパワーで攻守のバランスが良いラバーに

仕上がっている。V>15Limberに比べてスポンジ硬度が硬く、より威力と回転で高い性能を

発揮します。

ラバー(裏面):V>15 Extra

コンセプトは相手の強烈なスピンに負けないシート。相手の強烈なスピンに対しカウンター

ドライブでも自分がイメージした場所にコントロール出来る弾力性に優れたシートを実現し

ました。攻撃では最新の力強いスポンジが繰り出すパワーで攻守のバランスが良いラバーに

仕上がっている。V>15Limberに比べてスポンジ硬度が硬く、より威力と回転で高い性能を

発揮します。

松平健太(KENTA Matsudaira)

2013年度パリ世界選手権で競合を次々と撃破してベスト8進出。

しゃがみこみサーブからのブロックと攻撃に特徴があるが、最近では通常のフォアハンドサ

ーブも多用している。不利な状況でも強烈なバックハンドで形勢逆転するプレーは見ていて

楽しい。

ラケット:松平健太 ALC

松平健太選手と共同開発した、本人使用モデルです。松平選手のこだわりの一つである細め

に設計されたグリップは、ラケットをしっかりと握ることができ、前陣から中陣での操作性

に優れています。

ラバー(表面):テナジー05

「スプリング・スポンジ」と「エネルギー内蔵技術」が生む独特の打球感を有すラバー。

多くの選手による試打と機械測定から「回転性能が高い」と評価された“開発コードNo.05”

のツブ形状を採用し、強烈な回転をかけられます。

エネルギー内蔵型ラバーと高粘着高摩擦ラバーが融合したかのように、回転主体のプレーに

非常に高い性能を発揮します。

ラバー(裏面):テナジー05

「スプリング・スポンジ」と「エネルギー内蔵技術」が生む独特の打球感を有すラバー。

多くの選手による試打と機械測定から「回転性能が高い」と評価された“開発コードNo.05”

のツブ形状を採用し、強烈な回転をかけられます。

エネルギー内蔵型ラバーと高粘着高摩擦ラバーが融合したかのように、回転主体のプレーに

非常に高い性能を発揮します。

早田ひな(HINA Hayata)

左シェークドライブ型。バックの早いテンポで主導権を握るタイプ。

ラケット:ビスカリア

日本廃盤でも世界中で大人気の幻のラケット

ラバー(表面):キョウヒョウ NEO3

粘着性ラバーの特徴をそのままに回転+スピードタイプのシートを採用しました。

ラバー(裏面):テナジー05FX

『テナジー』シリーズの高性能をそのままに、さらなるコントロール性能と安定性を追求し

たのが『テナジー・FX』シリーズです。回転性能に優れた“開発コードNo.05”のツブ

形状のシートに、「スプリング・スポンジ」を軟らかく軽量化して組み合わせた『テナジー

・05・FX』は、回転とコントロールを高いレベルで両立。強烈なスピンと安定性を求め

る選手にお勧めです。

張本智和(TOMOKAZU Harimoto)

東京オリンピックでの活躍が期待されており、すでに世界トップ選手にも堂々と渡り合える

ほどの実力。

ラケット:インナーフォース レイヤー ALC

木材の柔らかい打球感を備えたインナーファイバー仕様のラケット。アリレート・カーボン

を搭載し、多くの場面で弾みとコントロールのバランスの良さを発揮します。

ラバー(表面):テナジー05

「スプリング・スポンジ」と「エネルギー内蔵技術」が生む独特の打球感を有すラバー。

多くの選手による試打と機械測定から「回転性能が高い」と評価された“開発コードNo.05”

のツブ形状を採用し、強烈な回転をかけられます。

エネルギー内蔵型ラバーと高粘着高摩擦ラバーが融合したかのように、回転主体のプレーに

非常に高い性能を発揮します。

ラバー(裏面):テナジー05FX

『テナジー』シリーズの高性能をそのままに、さらなるコントロール性能と安定性を追求し

たのが『テナジー・FX』シリーズです。回転性能に優れた“開発コードNo.05”のツブ

形状のシートに、「スプリング・スポンジ」を軟らかく軽量化して組み合わせた『テナジー

・05・FX』は、回転とコントロールを高いレベルで両立。強烈なスピンと安定性を求め

る選手にお勧めです。

水谷隼(JUN Mizutani)

日本のスーパーエース。前中後陣どこからでもポイントが取れるオールラウンダー選手。

左シェーク攻撃型。

ラケット:水谷隼 ZLC

水谷隼選手使用モデル。軽さ、弾み、しなやかさを持つZLカーボンを搭載し、水谷選手の

ように前陣から後陣まで幅広いプレー領域で、多彩なプレーを目指す選手にお勧めのラケッ

トです。

ラバー(表面):テナジー80

『テナジー』シリーズの中でも特に回転性能とスピード性能を高い次元で兼ね備えたのが『

テナジー・80』です。新たにツブ形状を研究し、「回転性能とスピード性能のバランスが

優れている」と評価された“開発コードNo.180”のツブ形状を採用。ドライブ、スマッ

シュ、カウンターなどスタイルを選ばないオールラウンドなプレーを可能にしました。

ラバー(裏面):テナジー80

『テナジー』シリーズの中でも特に回転性能とスピード性能を高い次元で兼ね備えたのが『

テナジー・80』です。新たにツブ形状を研究し、「回転性能とスピード性能のバランスが

優れている」と評価された“開発コードNo.180”のツブ形状を採用。ドライブ、スマッ

シュ、カウンターなどスタイルを選ばないオールラウンドなプレーを可能にしました。

以上。

参考:卓球ナビ(https://takkyu-navi.jp/player)