アクセスアップを求める人が忘れがちな基本。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




ブログやホームページを運営している人なら、ほとんどの人が多くの人に読んでもらいたい

見てもらいたいと思うはずです。

かくいう僕も、そういう風に思っています。

理由のほとんどは、広告によるバナー収入だと思います。

とはいえ、そんな収入だけで暮らせていける人は、ほとんどいません。

アクセスとは、何がアップすればよいのか?

アクセスアップとよく言われますが、そもそもどういうことか?

ブログやホームページにはアクセスカウンターというツールが標準装備されているものも少

なくありませんが、その数字が増えることが良いと思っていませんか?

実は、アクセスカウンターもいろいろで、とにかくアクセスを拾って集計してしまうものが

あります。こういうアクセスカウンターは、この数字を真に受けると危険です。

なぜなら、同一人物が1時間のうちに1,000回アクセスすると、1,000回のアクセスとしてカ

ウンターに表示してしまうからです。

感の良い人ならおわわかりだと思いますが、この1,000アクセスはたった一人からのもの

です。多くの人に読まれてこそのブログやホームページであることが本来の目的なので、検

索エンジンもそうした同一人物からのアクセスが大量にあっても、検索結果で上位表示され

ることはありません。500アクセスでも500人から1回ずつのアクセスがあった方が、上位に

表示されやすくなります。

アクセスとは、より多くの人数に見てもらうことが重要です。

最近のアクセスカウンターは、アクセスしてきた人物のIPアドレスを分析して、ある一定

の時間内に複数回のアクセスがあっても、それをアクセスは1回とみなす機能が付いてい

ます。

そうしたアクセスカウンターを実装しているのかどうかを、チェックする必要があります。

そうしないと、アクセスアップの方法とその方法に対して本当にアクセスが増えたのかを正

確に分析することができません。

アクセスアップの方法

いろんなジャンルもしくはマニアックなジャンルだけを掘り下げた記事をたくさん書くこと

が大前提ではありますが、そのうえで、違ったIPアドレスからのアクセスを集めれば良い

のです。

IPアドレスが違えば、同一人物とみなされず、多くの人に見てもらえているという分析を

され、結果的に少しずつ検索結果が上位に表示されるようになります。少し強引ですが、こ

ういうことがSEO対策というものです。

キーワードによる検索結果が上位に表示されるようになると、自然的にその記事のページが

下位表示になることが難しくなります。

この僕のブログは、1年以上の運営になりますが、まだまだ上位表示にはなっていません。

違うIPアドレスをたくさん集める方法を知っていて、そのやり方も知っているのですが、

まじめすぎるほど真面目に記事を量産することで、どれくらいアクセスが集まるのかを実験

したくて、そういう方法を使っていません。

そういう方法は、犯罪でもなんでもなく、単に便利な方法なのですが、便利だということを

実感するために、コツコツやっているというのが、このブログです。

そうした違ったIPアドレスを集めて、一つの記事やサイトに集める仕事を販売しています

ので、興味のある人はリンクから飛んでみてください。アクセスアップのお手伝い

アクセスアップのための記事

最後にどんな記事を書けばよいのかをアドバイス。

「時が経っても読まれる記事」が生地の生産性が高いです。

流行りのアイドルやファッションの記事は、一時のアクセスを集めることができても、3か

月後には誰も読んではくれません。そういう記事ではなく、毎年訪れるクリスマスや誕生日

のことエイプリルフールの事などを書きます。

自分で困ったこととその対処方法も人の役に立ちます。

そういう記事も長く多くの人に読んでもらえます。

写真や文字数や見出しの付け方などのテクニックを詳細に解説されているサイトがありま

すが、まずは、そうしたテクニックよりも人に役立つ記事や毎年巡ってくる記念日やイベン

トの記事を増やしていくことをおすすめいたします。