チャンスの扉は何度でもやってきて、開く。シンプルに感じれば良いということが分かってきた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




チャンスの種類

仕事や出会いなど、いろいろなチャンスがあると思います。

それらすべてのチャンスについて、言えることだと思います。

チャンスの扉が勝手にやってくるために

間違ったことをしていなければ、チャンスの扉は何度でも開きます。

間違ったことって、何?

AとBどちらに進むかを考える時、お天道様の下で恥ずかしくない方を選ぶということ。

どちらも恥ずかしくないなら、より多くの困りごとを無くす方を選ぶということ。

迷ったとき、立ち止まってこのことを考え、進む道を決めていれば、人とのつながりやチャ

ンスが、絶妙なチャンスでやってくる。

また、普段から、間違わないようにと言い聞かせると、チャンスは増えます。

それは、不思議としか言いようのない、馬鹿でもわかるくらいのタイミングでそのチャンス

はやってくる。だから、それに乗ればいい。

チャンスが来ない時の考え方

逆に、ついていないなとか、チャンスに恵まれていないと思う時は、お天道様に顔向けでき

ないことをしていたり、より多くの困りごとを無くす方を選んでいない証拠です。

理屈をこねて頭で考えるのではなく、胸に手を置き心で感じる・・・どちらが良いのかと。

心が良いと感じる方を選べばよい。

似たようなことは、こちらにも書いていますが、今回はもっとソフトに表現してみました。

こういうことって、書いている自分も読んでいる人も、どことなく胡散臭く感じるものです。

だから、あまり説得させようとか、詳しく書こうとはしていません。

だって、自分が信じているとか、感じているとか、考えているといったことだからです。

だけど、僕の経験から言って、こういうものの考え方をし始めたら、うまく回り始めたのだ

から仕方がない。

もしかして、参考になる人がいれば、どうぞ・・・というくらいの気持ちです。

実践してみて、何のチャンスもやってこなくたって、失うものリスクはありません。

むしろ、人の困りごとを解決するのだから、感謝はされると思います。

強いて言えば、困りごとを解決して差し上げたのに、お礼の一言もなく、悲しい気持ちにな

ることくらいです。そういう人は、実際にいますから・・・。

でも、良い事をして差し上げたのだから、それで良しとしましょう。