エイプリルフール(4月1日)に込められた人類へのメッセージ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




エイプリルフールは最初の殺人と嘘だった?

高校時代、世界史の授業は面白かった。

一番覚えているのは「暦(こよみ)」についてです。※諸説あり。

ある日の授業で「どうして、Octoberは10月なのか分かる人?」と問われました。

そんなこと考えたこともないので、クラス中は沈黙が漂いました。

そこから、私は、この授業に引き込まれました。

どうしてOctoberは10月なのか?

沈黙の中、先生は言葉をつづけました。

「Octopus(オクトパス)は”タコ”。タコは足が8本だからオクトパス。つまり、Octは『8』を表しているのだけれど、どうして10月なのにOctoberと”8”を表す『Oct』が付いているのだろうか…」

そう言われてみると、確かに不思議だと感じました。

そして、先生の言葉は続きます。

「ジュリアス・シーザー」(Julius Caesar)というローマの将軍が自分の功績を後世に残そうとして、自分の名前の一部をJuly(7月)として暦に組み込みました。

そして、彼の養子であるアウグストゥス(Augustus)までもが自分の名前の一部をAugust(8月)として組み込んだために、当時は1年が10ヵ月の暦が12か月になり、更には、もともと8月を表すOctoberが10月になってしまった。
※諸説あり

この授業で、たちまち世界史が好きになりました。

世界史というよりは「うんちくネタ」といった方が良いかもしれませんが、高校生だった私は、この話からロマンをもらいました。

そして、何十年も時が流れ、このブログでも紹介しました「人類で最初に嘘をついたのは誰?」という記事を見直していて気が付いたことがあります。

他の月の名前はどういう由来があるのか?

July(7月)、August(8月)の由来は分かりました。

Octoberの8月はズレたことにより本来の8を意味しない月になってしまったことも分かりました。

でも、他の月は?

どういう由来があるのかと考えてみました。

ここで「人類で最初に嘘をついたのは誰?」とエイプリルフール(4月1日)とApple(りんご)が頭の中で急に結びつきはじめました。

エイプリルフールは人類で最初に殺された人物と最初に嘘をついた人物を暦の中に隠して伝えているのではないか

という仮説が生まれました。

エイプリルフールに込められたメッセージ

以下は、私の個人的な仮説となります。

エイプリルフール

エイプリルフールの由来は、ハッキリしていないようですが『イギリスの王政復古の記念日オークアップルデー』ではないかという説があります。

私が注目したのは「オークアップルデー」に『Apple』という単語が入っているところです。

エイプリルのスペルは『April』です。

エイプリルフールは4月1日です。1日は『1st』です。最初という意味があります。

ここで、早くも”最初”というキーワードが登場します。

ところで『April』と『Apple』というスペルは、どこか似ていると思いませんか?

「A」「P」「L」のアルファベットがどちらの単語にも含まれています。

Apple(りんご)という単語

「この園の全ての木の実を食べてもよいが、善悪を知る木の実は食べてはいけない。食べるとお前は死んでしまう。」

とは、アダムが神様に言われた言葉です。

そしてその木の実こそが『Apple(りんご)』です。

結局、この実(Apple)を食べてしまったアダムとイブはエデンの園を追放されてしいまい、失楽園に行くことになります。そこで二人は、カインアベルという二人の子供に恵まれます。

『Apple』⇒『オークアップルデー』⇒『エイプリルフール』

このつながりは偶然でしょうか?

アダムりんごのつながり、オークアップルデーとエイプリルフールのつながり、『Apple』と『April』に「A」「P」「L」の文字が含まれているということ…

April(4月)にはApple(りんご)の意味が含まれているのではないでしょうか?

カインとアベル

先ほど紹介させていただいた「人類で最初に嘘をついたのは誰?」では、最初に嘘をついたのは、カインとなっています。

ここにも”最初(1st)”というキーワードが登場します。

カインはCain、アベルはAbelと表記されます。

人類で最初に嘘をついたのはCain、最初に殺されたのはAbelとなるのですが、最初の被害者であるAbelには『Apple』『April』の頭文字同様、頭文字『A』というアルファベットがあります。また、『L』もAbelという名前のなかに含まれています。

Aprilというスペルに隠された人物

『April』と『Abel』はどちらも『A』ではじまり『L』で終わります。

私は現代まで脈々と続く『April』という単語の中に『Abel』を隠したのではないかと思います。

Appleを食べたことで失楽園へ追放され、そこで生まれ落ちた弟のAbelは、兄のCainに殺されてしまいます。それを私たち人間が忘れないようにするために『Abel』という存在を『April』という文字に隠したということです。

1stに隠された意味

『1st』は最初という意味で、最初の嘘と殺人を表すのではないでしょうか。

つまり、『April』の中に潜む『Abel』は人類で最初に殺された人物であることを表すとともに、そのことを隠し、神様に嘘をついたカイン(Cain)の悪行も表しているのです。

では、なぜ、『Abel』という存在を『April』に隠したのでしょうか?

それは、あまりにも露骨なメッセージは、生き残った人物によって書き換えられる可能性があったからではないでしょうか。

さりげなく隠すことで、このメッセージが何千年も残ることになったのであれば、これは真実を知るうえで、最高の暗号だと思います。

まとめ エイプリルフールに込められたメッセージ

エイプリルフール』は『オークアップルデー』が由来という説があります。ということは『April』は『Apple』と関係があるということになります。

『Apple』はアダムがイヴにすすめられて食べてしまった木の実です。そのことで二人は、失楽園へと追放されてしまいますが、そこでカインとアベルという子宝に恵まれます。

後に、アベル(Abel)はカイン(Cain)に殺されてしまいます。

『April』は『Abel』と同じ「A」から始まり「L」で終わるので『April』の中には『Abel』が隠されています。

『April』は『Apple』に関係があり『Abel』にも関係があるというのは、リンゴを食べたアダムとその子供のアベルという関係を表しています。

April Fools’ Day』=『OakAppleDay』

∴『April』は『Apple

April』には『Abel』が隠されている

∴『April』は『Abel

∴『Apple』=『April』=『Abel』

このように『Apple』『April』『Abel』にはつながりがあります。

そして『1st』。『1st』は最初という意味です。

『April』の最初とは、『April』=『Abel』なので『Abel』が最初という意味になります。

『Abel』は人類で最初に殺された人物であり、その裏では『カイン(Cain)』が人類で最初に嘘をついた人物だということも表しています。

現在では、「嘘」という言葉だけが独り歩きをして、4月1日は「嘘」をついてよい日だとなっていますが、もともとは、人類で最初に起きた殺人とその犯人、殺された人物、犯人の嘘を4月1日にメッセージとして込めたのではないでしょうか。

この仮説、皆さんはどう思いますか?