やっぱり、1年かからずに壊れたバッファローのマウス。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




さようならバッファロー

もう買わない!

そう決めているマウス。それはバッファロー製のマウスです。

私は、お陰様で快適なパソコンライフを送っています。

けれども、昨日、奥さんから『マウスがヘン!』と言われました。

奥さんの使っているマウスは、バッファロー製で、彼女が量販店でいろいろ手になじむかどうかを吟味して決めたものでした。

それが、やはり一年もしないうちに動作がおかしくなってしまいました。

ゴーストポインター”と勝手に名付けましたが、マウスに触っていなくても勝手にポインターがふらふらと動いてしまいます。

・ 照射レーザーがおかしい

レーザー部分を軽くふきましたが直りません。

・ 有線部分がおかしい

コードがどこかに引っ掛かっていて、コードが縮んだり伸びたりすることでポインタが動くことを疑いましたが、全くそういうことはありませんでした。

USBコネクタを変えてもこの現象は直らず… メーカーを見ると「バッファロー」。

『これはダメだ。』と、すぐに諦めました。

ググってみても… 保証期間の短さと、故障のしやすさでは定評があるようでした。

これで、我が家からは二度とバッファローのマウスを注文することがなくなりました。

買うならロジクール

価格の安いものはデザイン性がカッコよくない。

けれども、購入の決め手は保証期間です。3年間無償保証!

楽天には公式ショップがあって送料も無料。

安いからと購入しては1年に2回もマウスを買い替えているのなら、無償保証が3年もついているロジクールに決まりです。

上の赤が奥さんに購入したもので静音設計となっています。

クリック音が気にならない設計なので良いと思います。