文旦はこう食べるとおいしい!満足度アップの食べ方。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




柑橘類の一種「文旦(ブンタン)」をふるさと納税で取り寄せた。

高知県の名産品は「文旦」が有名で、どうしても食べたくなってしまいました。

見た目は大きいのですが、皮が厚く中身は「はっさく」を一回り大きくしたくらいです。

うまい食べ方

一緒に入っていたチラシの通りにやるより、私はこれがおすすめ!

実は、所ジョージさんの食べ方を見ていてやりたくなったのですが…

皮をむくところまでは、チラシ通りでも、いわゆるミカンの向き方でも構わないのですが、皮をむいてしまったら、1/4くらいに小分けにします。

…と、下手な説明より所さんのYouTubeを紹介しますのでご覧ください。

普通、一袋ずつ剥いて食べるので次から次へと口を動かしながら剥かなくてはいけません。
食べているんだか剥いているんだか…

味やおいしさに集中するなら、全部向いてから食べる! これが正解だと思います。

一旦、全部剥き、皿に入れる。

あとは、ナッツを食べるように一掴みを口に放り込んでも良いし、スプーンで上品に食べても良い。要は、食べることにずっと集中できるので、食べ終えた後の満足感が違います。

『あ~、美味しかったなぁ~♪』

こんな風に食べれるのも、先に全部剥いちゃうから。

それを簡単に剥いちゃう…
といっても、画期的に剥く速度が速くなるわけではないけれど、YouTubeで紹介している所さんの剥き方がベストだと思います。

何でもそうだけど、先に面倒なことやひと手間かかるようなことをすると、美味しくなったり、上手にできたりします。

いい勉強になります。