【センドク】読書ノート 94/95冊目|よく見る夢(上)(下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




参考になるかどうかはわかりませんが、読んだ本の感想などを書いています。結構、好き勝手なことを書いています。ネタバレもあります。

本を1,000冊を読もうと2018年9月に読書を開始しました。「挑戦・読書1,000冊」としてカテゴリーを新設しました。

1,000冊読書を「センドク」として、ブログのタイトルに付けて、統一したいと思います。

「読書ノート」としては、情報の不足が多々ありますが、参考になれば幸いです。

読書ノート

タイトル名:よく見る夢(上)(下)

著者:シドニィ シェルダン

読了日:2020年6月12日

全体的な感想

学生気分を思い出して、「血族」以来に読んでみました。

絵のない絵本!そんな印象です。

行間が、それはもう広く広くとってあって、どこを読んでいたのか間違えることはありません。

読み進めるにはテンポは大事だと思いますが、ページをめくるタイミングと内容の展開がシンクロしているからこそ、読みやすいのかなとも感じました。

でも、行間をギュッとして再編集したら、1冊にまとまっちゃうんじゃないかな?

それくらいスッカスカです。

面白いですけど… 早々にネタが読めてしまい、実はこの後さらに一ひねりがるのかと期待しましたが、大きなそれはありませんでした。

ひとつだけ良かったところをあげるなら

老眼が出てきた私にはありがたい!

内容というより、文字の大きさ。これが良かったかな。

息抜きに、今後も読むかもしれません。

内容があまりなくても、厚い本を2冊も読んだという視覚的な満足を得るためにですが…。

1,000冊を読むためのルールは↓こちら

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら