【センドク】読書ノート 158冊目|新人OL、つぶれかけの会社をまかされる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




参考になるかどうかはわかりませんが、読んだ本の感想などを書いています。結構、好き勝手なことを書いています。ネタバレもあります。

本を1,000冊を読もうと2018年9月に読書を開始しました。「挑戦・読書1,000冊」としてカテゴリーを新設しました。

1,000冊読書を「センドク」として、ブログのタイトルに付けて、統一したいと思います。

「読書ノート」としては、情報の不足が多々ありますが、参考になれば幸いです。

読書ノート

タイトル名:新人OL、つぶれかけの会社をまかされる

著者:佐藤義典 (著)

読了日:2021年5月5日

全体的な感想

漫画ではなく、小説のようなストーリーで進んでいく本です。

章ごとに、解説があります。

興味深く読めました。

小説風とはいえ、なかなか難しいところもありますが、まずはこの辺から勉強するのが私にはちょうど良いのかもしれません。

ひとつだけ良かったところをあげるなら

あまり難しい専門用語を使っていないのがわかりやすかったです。

当然、グラフや表といったものもなく、小説にのめり込みながら勉強できるので良いと思います。

時々読み返して、理解を深めれば、自分の仕事に生かせそうな気がします。

1,000冊を読むためのルールは↓こちら

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら

YouTubeチェンネル始めました

YouTubeチャンネル「回想模型」では、作り方や素材について
雑談を交えながら撮影したものを流しています。
お時間のある時にご覧ください。
チェンネル登録もお忘れなく。

Bagikan video Anda dengan teman, keluarga, dan dunia