【センドク】読書ノート 182冊目|「松本」の「遺書」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




参考になるかどうかはわかりませんが、読んだ本の感想などを書いています。結構、好き勝手なことを書いています。ネタバレもあります。

本を1,000冊を読もうと2018年9月に読書を開始しました。「挑戦・読書1,000冊」としてカテゴリーを新設しました。

1,000冊読書を「センドク」として、ブログのタイトルに付けて、統一したいと思います。

「読書ノート」としては、情報の不足が多々ありますが、参考になれば幸いです。

読書ノート

タイトル名:「松本」の「遺書」

著者:松本 人志 (著)

読了日:2021年7月22日

全体的な感想

著者が30代になった時の頃。私も彼の出ていkるテレビ番組を録画をしてまで見ていました。当時のイケイケな感じとでもいうのでしょうか、嗚咽間を感じるほど、こんな人だったのと落胆しながら読みました。

それでも、なんとなく天才たる所以のほんのわずかな部分を見せていただいたように思います。読み進めると、なぜか自然と汚い言葉も減っていき、そこに人間としての時間も見ることができました。

彼の口癖だろうなという言葉も見てとれます。
また、物事の考え方もこの本に書かれているようなことをテレビでもちょいちょい発言されているので、本に書かれていることは彼の本心なのだなぁと思います。

そんなところが好きでもあります。

今さら読むからこそ、今とのギャップを間違い探しのように読み進めることができました。
とても楽しめました。

ひとつだけ良かったところをあげるなら

しっかりとした信念が貫かれていて、そこから気付かされることがありました。

何が何でも自分はこうだと決めたら、そのルールに従って生きる。
そのルールが正しいとか、正しくないとかは関係ない。だって、人のルールだって正しいかどうかなんて証明できないもの。。。。

だから、人のルールには束縛されずに自分が正しいと思っているルールに自分を従わせる。

こんなことを気付かせてくれた本です。

1,000冊を読むためのルールは↓こちら

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら

YouTubeチェンネル始めました

YouTubeチャンネル「回想模型」では、作り方や素材について
雑談を交えながら撮影したものを流しています。
お時間のある時にご覧ください。
チェンネル登録もお忘れなく。

毎週土曜日に動画をアップしています。
楽しく動画投稿を続けるために、編集、字幕設定等はしていません。
いろいろ時間をかけると手間がかかるし、そのうち面倒臭くなってしまいそうなので、台本無しの一発撮り。
自分が楽しく続けられるYouTubeを心がけています。
HowTo動画は、もっと上手な方々にお任せして、こちらでは、雑