【センドク】読書ノート 104冊目|服を買うなら、捨てなさい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




参考になるかどうかはわかりませんが、読んだ本の感想などを書いています。結構、好き勝手なことを書いています。ネタバレもあります。

本を1,000冊を読もうと2018年9月に読書を開始しました。「挑戦・読書1,000冊」としてカテゴリーを新設しました。

1,000冊読書を「センドク」として、ブログのタイトルに付けて、統一したいと思います。

「読書ノート」としては、情報の不足が多々ありますが、参考になれば幸いです。

読書ノート

タイトル名:服を買うなら、捨てなさい

著者:地曳 いく子 (著)

読了日:2020年7月27日

全体的な感想

整理関係の本を固め読み!

この本で三冊目です。
スラスラと読めます。
男性でも参考になるところがたくさんありますが、この知識を奥さんに伝えても良いかもしれないと思った本です。

ファッション界で何十年も第一線で活躍されてきている人の話には、説得力があります。

具体的な整理の仕方も書かれているし、どういう服を購入すべきかも書かれています。
それらは、男性にも丸っと応用が利くので、服装に無頓着な私でさえ、少し服装のことを考え始めました。

ひとつだけ良かったところをあげるなら

本書の中に、家で過ごすときの服装について書かれたところがあります。

そんな部屋着でさえ、いい加減なものを着るなといっていますが、その理由が、なんとも納得させられました。

それは…

家の中で長く過ごす人は、それがメインの時間。活動の中心となる大切な時間にイマイチな服を着て、わざわざ気分を下げてはいけない… というくだりです。

確かにね!
自分の大切な時間をイマイチにしてはいけないと納得しました。

男性でも読んだ方が良い本だと思います。

1,000冊を読むためのルールは↓こちら

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら