【センドク】読書ノート 119冊目|うまくいっている人の考え方 完全版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




参考になるかどうかはわかりませんが、読んだ本の感想などを書いています。結構、好き勝手なことを書いています。ネタバレもあります。

本を1,000冊を読もうと2018年9月に読書を開始しました。「挑戦・読書1,000冊」としてカテゴリーを新設しました。

1,000冊読書を「センドク」として、ブログのタイトルに付けて、統一したいと思います。

「読書ノート」としては、情報の不足が多々ありますが、参考になれば幸いです。

読書ノート

タイトル名:うまくいっている人の考え方 完全版

著者:ジェリー・ミンチントン (著), 弓場 隆 (翻訳)

読了日:2020年11月26日

全体的な感想

自己啓発本はたくさん読んできました。

そんな本の中に書かれていることと重複するところが所々ありました。

けれども、この本は良い!

今まで読んできた本の神髄部分だけをスマートな文章でスッキリとまとめてあるような印象を受けました。これにより、記憶の呼び起こしと整理ができたような気がします。

とにかく回りくどい表現が無く、シンプルに頭に入ってきます。

一読したあとは、毎日、ランダムに開いたページをそのように過ごせるかどうかを自分の日課としても良いくらいの本です。

ひとつだけ良かったところをあげるなら

悪いところが見当たりません。

これは、いつもそばに置いておき読み返したらよいと思います。

1,000冊を読むためのルールは↓こちら

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら