【センドク】読書ノート 163冊目|田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




参考になるかどうかはわかりませんが、読んだ本の感想などを書いています。結構、好き勝手なことを書いています。ネタバレもあります。

本を1,000冊を読もうと2018年9月に読書を開始しました。「挑戦・読書1,000冊」としてカテゴリーを新設しました。

1,000冊読書を「センドク」として、ブログのタイトルに付けて、統一したいと思います。

「読書ノート」としては、情報の不足が多々ありますが、参考になれば幸いです。

読書ノート

タイトル名:田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得

著者:別冊宝島編集部 (編集)

読了日:2021年5月30日

全体的な感想

一気に読める。

一度、田中角栄の伝説的な人生を垣間見たいと思っていたので、エピソードの拾い読みに近い感じで編集されたこの本は、私にはちょうど良かった。

確かに、人間味のあふれる人だったんだろうなと思いました。

私は、ロッキード事件の前後しかご本人を知りません。なので、どちらかというと悪い印象の方が多いのですが、最近、そうしたことを払拭するくらい人気が出てきているのも、この本から伝わる人間味でわかります。

良い教えとなるエピソードもたくさんありました。

ひとつだけ良かったところをあげるなら

敵を作らないことに終始した人間味あふれる行動には、とても勉強させられました。

人の立場というものを考え、多くの人を虜にしてゆく。

私の人生へのほんの少しのエッセンスになれば良いなと感じました。

1,000冊を読むためのルールは↓こちら

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら

YouTubeチェンネル始めました

YouTubeチャンネル「回想模型」では、作り方や素材について
雑談を交えながら撮影したものを流しています。
お時間のある時にご覧ください。
チェンネル登録もお忘れなく。

Bagikan video Anda dengan teman, keluarga, dan dunia