【センドク】読書ノート 175冊目|一切なりゆき 樹木希林のことば

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




参考になるかどうかはわかりませんが、読んだ本の感想などを書いています。結構、好き勝手なことを書いています。ネタバレもあります。

本を1,000冊を読もうと2018年9月に読書を開始しました。「挑戦・読書1,000冊」としてカテゴリーを新設しました。

1,000冊読書を「センドク」として、ブログのタイトルに付けて、統一したいと思います。

「読書ノート」としては、情報の不足が多々ありますが、参考になれば幸いです。

読書ノート

タイトル名:一切なりゆき 樹木希林のことば

著者:樹木 希林 (著)

読了日:2021年6月30日

全体的な感想

独特の価値観や世界観があると常に感じる女優さんでした。

内田裕也さんとの生活にも興味がありましたが、いったいどんな方だったのか?

ご病気をされても飄々と生きる姿に、何が操作せるのか大変興味があり、手に入れた本です。

ご本人の声が頭の中でするような、そんな風に書かれた文章は、面白く、興味深く、頭から体の中に浸み込むようでした。

大きなヒント、小さなヒント… いろいろいただけたような気がします。

ひとつだけ良かったところをあげるなら

この本を通して、彼女の生き方を見れた気がしました。

とはいえ、ごく一部でしかないのですが、その一部分でさえ私を成長させてくれた本です。

スラスラと読める割には、心に長くとどまっているような本です。

1,000冊を読むためのルールは↓こちら

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら

YouTubeチェンネル始めました

YouTubeチャンネル「回想模型」では、作り方や素材について
雑談を交えながら撮影したものを流しています。
お時間のある時にご覧ください。
チェンネル登録もお忘れなく。

毎週土曜日に動画をアップしています。
楽しく動画投稿を続けるために、編集、字幕設定等はしていません。
いろいろ時間をかけると手間がかかるし、そのうち面倒臭くなってしまいそうなので、台本無しの一発撮り。
自分が楽しく続けられるYouTubeを心がけています。
HowTo動画は、もっと上手な方々にお任せして、こちらでは、雑