【センドク】読書ノート 313冊目|本当は恐ろしいグリム童話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




参考になるかどうかはわかりませんが、読んだ本の感想などを書いています。結構、好き勝手なことを書いています。ネタバレもあります。

本を1,000冊を読もうと2018年9月に読書を開始しました。「挑戦・読書1,000冊」としてカテゴリーを新設しました。

1,000冊読書を「センドク」として、ブログのタイトルに付けて、統一したいと思います。

「読書ノート」としては、情報の不足が多々ありますが、参考になれば幸いです。

読書ノート

タイトル名:本当は恐ろしいグリム童話

著者:桐生 操 (著)

読了日:2022年5月21日

この本を購入した理由(私が知りたかったこと)

グリム童話を読んだことがあまりありません。
それでも「白雪姫」くらいは知っていたので、どんな風に恐ろしいのか読んでみたくなりました。

「ガリバー旅行記」に隠された政治への風刺のようなものが書かれていて、そう言った解説があるのかな?と期待。

私の感じた著者の言いたいこと

当時のヨーロッパの情勢や風習を理解すれば、性的描写が受け入れられないということがよく分かりました。とはいえ、むごい殺人描写は、寛大で… そうした当時の風潮までもが、この本から理解を深めることができました。

全体的な感想

グリム童話を知らなくても、読める本だと思います。
購入理由にある政治などへの風刺は全く書かれておらず、物語を深く解釈することができる本です。

当時の近親相姦はめずらしくなく、そうした時代背景にある男と女の葛藤や情事といったことを、どのようにして童話にしているのかという深読み部分がとても面白かった。

ひとつだけ良かったところをあげるなら

初めて読むグリム童話もありましたが、しっかり童話として読めるので良かったかなと思います。

1,000冊を読むためのルールは↓こちら

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら

YouTubeチェンネル始めました

YouTubeチャンネル「回想模型」では、作り方や素材について
雑談を交えながら撮影したものを流しています。
お時間のある時にご覧ください。
チェンネル登録もお忘れなく。

毎週土曜日に動画をアップしています。
楽しく動画投稿を続けるために、編集、字幕設定等はしていません。
いろいろ時間をかけると手間がかかるし、そのうち面倒臭くなってしまいそうなので、台本無しの一発撮り。
自分が楽しく続けられるYouTubeを心がけています。
HowTo動画は、もっと上手な方々にお任せして、こちらでは、雑